FC2ブログ

う~つれ~ばい~いじゃ~ん!

拝啓、山木社長殿。SIGMA quattro Hをメインとしてシグマに喜捨すること。50/1.4と20/1.4Artをお迎えすべく喜捨したいのですがあと5年は無理です。FOVEOB quattroセンサーに、マイクロフォーサーズに、銀塩ハーフに、二眼レフに泣き笑い。

KONICA C35EFは最近人気機種か(高くなるのは困るが大切にされるのだったらいいかなぁ)

35efnefuda.jpg
(ピッカリコニカ C35EFの記事は、別項で
http://yotarouyokosuka.blog92.fc2.com/blog-entry-587.html
http://yotarouyokosuka.blog92.fc2.com/blog-category-234.html
でも考察しておりますのでよろしかったらご覧ください)

私は、このカメラが誕生したころは幼稚園生であった。Kodakのポケットカメラ(110フィルムを使用)が流行っていたころである。高価な高級機種はそれなりに良い結果が出たが、普及したものは安価な粗悪品だった。フジカ(多くはセディック製だったようだ)など画質にこだわって善戦したが、それとて35mmフィルムを使うカメラにはかなうわけが無い。そんなKodakの気まぐれという不毛に振り回された時代に誕生した堅実なカメラだった。
わたしがカメラに興味を持った小学校中学年ころは、このカメラは現役、
中古カメラに手を出しかけた高校生ころには現役末期、
大学に入ってからカメラ販売アルバイトをしたときは、ゴミであった。
ゴミというのは、下取りセールという名のもとの値引きの材料に使われ、
実際売れる当てもないのに、カメラ店が下取ったものだ。
段ボール一杯のピッカリコニカをもらったことがある。

私がカメラの促販アルバイトをしていたバブルのころ(ちょうど昭和から平成に変わるときであった)
ピッカリコニカだった人はAF化の時には見送り、ズーム付きのものが出たときに、バブル景気も伴って、
堅実な2倍ズーム機、バブリーな京セラ・サムライ(私はサムライの販売員だった)などに一気に変わっていったのだ。

誰もピッカリコニカには目を向けなくなった。
H-C水銀電池もなくなり、、、
顧みられなくなったカメラは、電池の液漏れやカビでことごとく消えていったのである。

私が段ボールで1箱貰ったころ、多分発売から15年ほどだと思ったが、このころだったらまだ生き残っていたものが多かっただろう。

2001年からPCを持ちネットを巡回するようになって、いわゆるプラカメでさえ日本のものはいいレンズを搭載しているということを知った。
私は迷わず判断の材料としてRDPIII(フジクローム・プロヴィア)を喰わせた。
私はフラッシュフジカを良しとした。
このC35EF、ピッカリコニカの作例を挙げて良い、良いといっている人の感覚が分からなかった。
しかし、これはプリントしてみないとわからないだろう。ネガのスキャンだけではわからないものが多い。
私は、フジノン、ロッコールが好きだった。

さてFUJICA ST-Fに関して考える場合にどうしても、KONICA C35EFを生き証人として購入しなければならなかった(と思いこんだ)。
初期型、後期型、いろいろ情報が乱れ飛んでおり、本当は諸元が書いてある取説が欲しかったが、買ったものには取説だけなかった。しかし、「新発売」時のパンフレットは入手することができた。

初期は質感に優れ、後期は高感度特性(現在のフィルム環境)に適合しているといえる。

さて、資料がいろいろ入っているが「ジャンク」ということで買ったので、
¥2.000でも高いなぁと思いつつ買った。

さて、どうしてどうして、カメラには電池の液漏れさえなく、完動品だった。・・・と言うか、露出レヴェルなどを確かめるために、
当時のH-C電池の電圧降下型アダプターを使ってボルテージを合わせ、試写した。

上がったネガをスキャンしたところ、私にとってはやっぱり好みではなかったのだが、
しか~~~し
実に軽快な撮影感であった。

昨年あたりからフィルムカメラ大粛清をしていたはずが、どんどんリバウンドしてきている。
何故だ・・・

デジタル一眼カメラで自由になったか。。。
いつもAFがどこに合焦したか、瞳AFが作動するか、MFに切り替えるか、露出レベルはどうだ、
ISO感度をどうするか、
また上記のことを切り替えるボタンを探したりといろいろめんどくさい。

結局パッカーンと大したことも考えず近・中・遠だけを狙って撮ればいい。
ラチュードの広くなったカラーネガフィルムはいろいろ救済してくれる。

ホルガだのダイアナの復刻だの、復刻ロモだの(これは安く転がっていれば一応マシなカメラなんだけどなぁ)、に散々お金を使って、結局は、トイカメプロパガンダに騙されたとお思った人が、ピッカリコニカに活路を見出したのは想像に難くない。ピッカリコニカ開発のキッカケは、当時現像所まで赴いて、素人の写真の失敗の原因は露出不足が多いということに気が付かれたという。その開発車は、横須賀の誉れである内田康男さん。
氏の設計による、簡素かつ時代の転換点ともなったカメラ、シャッターを2速に限定し絞で制御するという実に簡素なものだが(のちに3速に変更)、私が当時チャチいと思っていたことは「軽快さ」に、ゾーンフォーカスでピントが当たらないことがある・・・は「なんでそんな神経質になるの?」に変わっていったのではないだろうか。
トイカメプロパガンダに幻滅した人は、かわいくて、フィルムという未知のものを使って、軽快に、しかし実用に支障の無いものではなかったか。

昭和50年春(1975年)から数えて44年。。。

オークションサイトやフリーマーケットサイトで「詳しいことはわかりません」でダメなものをたびたび拾った方は、確実に撮れるんだったら多少のお金は出す用意があるという骨のある人なのだろう。

まぁ球数が多いので、貴重とまではいかないが、44年もたっていると保存による差が出てくる。
そんな背景があるのではないだろうか。

逆にホルガやダイアナの再生産品、いや、オリジナルの香港製のものでさえ売れなくなった。

ホルガで、先ほど書いた逆の体験をした。
たいして時間もたっていないはずだが、「1回使っただけです」とのこと、こりゃいいやと思って購入。
梱包を説いて嫌な予感。
赤窓を見たら白い影。。。フィルムが途中である。この状態で放置されていたということはと、急いでフィルムを引っぺがし、フィルムマスクを取ってみたら、鮮やかなスカイブルーというかマリンブルーの結晶の中に電池は埋没していた。
丁寧に取り除いて電極を磨いたが、電極が折れた。

実際トイカメラのブームに乗ってみたものの、高いお金を出してフィルムと現像、焼き付けをしてもろくなもんが写っていなければ、いやになりますよ。トイカメラ遊びは、それなりの経験が必要である。

それよりは軽快に撮って、多少の失敗があってもきちんと距離さえ合わせればしっかり写った方が楽しい。
私は、ピッカリコニカに関してはフィルム1本だけの体験だったが、軽快さは味わった。

メルカリで結構高いのでびっくりしたが、要はきちんと動くものを欲している人が多いということではなかろうか。
私のピッカリコニカ初期型で作例もつけて完動品ですと記し出品したが、質問で「完動品で、撮影できるということですか」という質問が来て「はは〜ん、なるほど」と思った次第である。

元は水銀電池のH-C(MR44)の1,35Vだが,今ほとんどの人がLR44(1.5V)を使っている。
私は、ボルテージが1.4Vと限りなく近い補聴器用のPR44(エア電池)を入れて、購入者にお送りした。

44年経っても生き残っているもの、それを中古としてきちんと買った方、そして、世に出す方もきちんと撮影してまともなものだと証明したもの、、、これは長く生き残ってほしいものだ。

もともとの出来はさすが小西六、保存の良いものは初期型といえども全く実用に問題はなかった。

少しでも多くのこの手のカメラが生き残っていてほしい。
c35mihon.jpg

スポンサーサイト



  1. 2019/02/23(土) 17:50:54|
  2. ピッカリコニカに関して少~ぅし考えてみる。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<全く忌々しい話だが(投稿後リサイズしました) | ホーム | プロジェクト 3W (What?Why?Who?終わりの巻)・フジカST-F道とHANIMEX REFLEX FLASH 35道12(次回完)>>

コメント

KONISHIROKU

コニカとミノルタの合併後新ブランドKONCIA MINOLTA登場時に名前が長いとかダサいとか散々悪く言われていて、特にα-7 DIGITALのプリズム部ロゴにケチを付けているレビューサイトが多かった気がしますが、かつてのKONISHIROKUロゴも何だか後のKONICA MINOLTAロゴに似てる気がします… グローブマークと同じような配置で小西六のロゴもありますし。
  1. 2019/02/23(土) 23:41:49 |
  2. URL |
  3. yohibusi #PeIb2aYo
  4. [ 編集 ]

Re: KONISHIROKU

yohibusi様、お久しぶりでございます。
なんかAllegretto M70を全部手放してみると寂しいような気がする今日この頃です。

小西六と三文字なところはこれは中国にはない発想ですね。
記憶に間違えがなければ西暦710年ころ、好字二字化令でもって、日本の地名を無理やり二字に押し込めてしまって、それまでの地名が分からなくなってしまいました。

〇〇園とか○○亭などはあっても、○○○と名前の部分で3文字というのは、律令制の頃の大陸からやってきたテクノクラートたちの影響を受けず、外人が読みにくいであろう社名を良く堂々と出したものだなぁと思います。
御音節、しかも日本語は全部母音が付きますので、ちょっと輸出用には向かなかったように思います。
まあ外人が、コニカということはあってもコニシロクといったとも思えませんが。

??という感じでこのロゴを眺めていたのではないでしょうか。

トーシバ ノーリツ フジFILMのFILMの部分は一気に言っちゃうでしょうし、マツシタはことごとく日本語なので母音がついていますが、Pana-sinicと2アクセントで言える方が楽でしょうね。

中国式の漢字二字の中国読みの方がリズムは取りやすいでしょう。

子音で終わることがないところが言いにくさと商標の長さを助長していると思います。
minoltaがminolutaにしなかったのは大正解だったと思います。
一時期長い銀行の名前が流行りましたが。。。まだ長い名前のが残ってはいますね。

> コニカとミノルタの合併後新ブランドKONCIA MINOLTA登場時に名前が長いとかダサいとか散々悪く言われていて、特にα-7 DIGITALのプリズム部ロゴにケチを付けているレビューサイトが多かった気がしますが、かつてのKONISHIROKUロゴも何だか後のKONICA MINOLTAロゴに似てる気がします… グローブマークと同じような配置で小西六のロゴもありますし。
  1. 2019/02/24(日) 23:35:10 |
  2. URL |
  3. 横須賀与太郎 #-
  4. [ 編集 ]

どもども、横須賀与太郎殿。

ハニメクスNOCTBOY-Sは持っていました。一応撮影はしていて上野を撮っていますね。妙に速度感のある写りをするのですが、放射線状に歪むというかセンターを外れると急激に解像感が怪しくなるのがキュートなレンズです。
そのルックスの前衛的なカッコよさに惚れこんで速攻Getしたのですが、光線漏れをしていて直す気力もなく注釈付きで処分したと思います。
これもコンテンツを作ったつもりで、まだ作っていないですね。

ピッカリコニカは母親が幼児期の拙僧を撮ったカメラですが、拙僧が初めて手にしたカメラではあります。その結果の恨み節はあちこちで書いたのでここでは遠慮いたします。いえ、カメラは何の問題もないのですが拙僧の成長環境に問題があったという話です。

電極を削っていて端子が折れると泣きたくなりますよね。それでも水銀電池なら腐食の海になっていないようですが。

先日、「岐阜の地下アイドル」を撮るという極めて健全な撮影を行いました。天気がイマイチだったのでトライXとアグファ400をキヤノンAE-1とリコーXR-8に通したのですが、D-76で自家現像したら見事に不健全なネガでした。同じパターソンに投入したフジフィルムのWAVEE(フジノン34mmF3.9)などはメリハリのあるちゃんとしたネガになりましたから拙僧が撮影時の露出にしくったか、カメラの状態が悪かったのでしょう。実際に光線漏れも確認できますね。折角のモデル撮影に不健全なカメラを使うのもタナトスかと思います。

デジカメ連隊の方はD5000のISO感度がISO800なのに気づかず200カットほど撮ってしまったのですが、拙僧などは常に向かい風の向こう側で生きているので悔しくもありません。いや、悔しいです。

やはり撮影というのは晴天下にアクロスをつめてフォーカスは3m、絞りはF8、場合によってはF11、シャッター速度は1/125にしてあれこれ考えずにとるのが幸せなようです。

もっとも、そのアクロスも無くなってしまったのですが。

  1. 2019/02/26(火) 17:17:51 |
  2. URL |
  3. Rikkie #1Nt04ABk
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Rikke様
ジャンクなカメラを国際手配してたら、マイクロソフト社のPCがジャンクになってしまいました。
ノクトボーイをご存知な方の証言、大変嬉しく思います。中学生には、いくらバッタ屋とはいえ、新品では買えません。
ボルガがそんなにヤブか?ということを企んでいるのですが、絞ってゾーンフォーカスだったら、一枚とはいえ、まともに写るとおもうのですが。

絞ってゾーンフォーカス、というのは、ちょう高精細なデジイチでは難しくなってきて、フィルムカメラの醍醐味だとおもいます。パンフォーカスにした時に、立体感が出る玉は、さいこうですね。スマホより。

> どもども、横須賀与太郎殿。
>
> ハニメクスNOCTBOY-Sは持っていました。一応撮影はしていて上野を撮っていますね。妙に速度感のある写りをするのですが、放射線状に歪むというかセンターを外れると急激に解像感が怪しくなるのがキュートなレンズです。
> そのルックスの前衛的なカッコよさに惚れこんで速攻Getしたのですが、光線漏れをしていて直す気力もなく注釈付きで処分したと思います。
> これもコンテンツを作ったつもりで、まだ作っていないですね。
>
> ピッカリコニカは母親が幼児期の拙僧を撮ったカメラですが、拙僧が初めて手にしたカメラではあります。その結果の恨み節はあちこちで書いたのでここでは遠慮いたします。いえ、カメラは何の問題もないのですが拙僧の成長環境に問題があったという話です。
>
> 電極を削っていて端子が折れると泣きたくなりますよね。それでも水銀電池なら腐食の海になっていないようですが。
>
> 先日、「岐阜の地下アイドル」を撮るという極めて健全な撮影を行いました。天気がイマイチだったのでトライXとアグファ400をキヤノンAE-1とリコーXR-8に通したのですが、D-76で自家現像したら見事に不健全なネガでした。同じパターソンに投入したフジフィルムのWAVEE(フジノン34mmF3.9)などはメリハリのあるちゃんとしたネガになりましたから拙僧が撮影時の露出にしくったか、カメラの状態が悪かったのでしょう。実際に光線漏れも確認できますね。折角のモデル撮影に不健全なカメラを使うのもタナトスかと思います。
>
> デジカメ連隊の方はD5000のISO感度がISO800なのに気づかず200カットほど撮ってしまったのですが、拙僧などは常に向かい風の向こう側で生きているので悔しくもありません。いや、悔しいです。
>
> やはり撮影というのは晴天下にアクロスをつめてフォーカスは3m、絞りはF8、場合によってはF11、シャッター速度は1/125にしてあれこれ考えずにとるのが幸せなようです。
>
> もっとも、そのアクロスも無くなってしまったのですが。
  1. 2019/02/28(木) 18:46:21 |
  2. URL |
  3. 横須賀与太郎 #-
  4. [ 編集 ]

KONISHIROKU

お久しぶりです
Allegretto遊びは止めてしまわれたのですか。確かに東芝のデジタルスチルカメラはPowerShot Pro1みたいな孤高の存在感みたいな機種って見当たりませんね
 
創業時に海外展開を予見していなかった国内ブランドはたいてい別ブランドを立ち上げるようですね。PanasonicとかJVCなどでしょうか。デジカメの時代は海外向けは同じ機種でもデザインが少し異なるとか多いようで、アレグレットシリーズはロゴがTOSHIBAに、LUMIXは前面にPanasonicロゴが追加されていたり、京セラのデジカメはYASHICAブランドがくっついていることもあります。

コニカミノルタは当初JVCケンウッドのようにカテゴリー別ブランドの使い分けを想定していてG400やA1、Z1などはコニカミノルタ製品にも関わらずMINOLTAブランドですね。のちにカンパニーブランドに切り替えたということは失敗だったのでしょう。現在ではパナソニックがインドでSANYOブランドを多用しています。
  1. 2019/02/28(木) 19:58:03 |
  2. URL |
  3. yohibusi #PeIb2aYo
  4. [ 編集 ]

Re: KONISHIROKU

yohibusi様
完璧なM70を求めすぎて疲れてしまった感があります。また、遊びでは無く家庭記録用のマイクロフォーサーズG8の出動が減り危惧をいだき、一生懸命貯めたM70を一気に処分しましたが、考えてみればカメラの浮気の試写で家族の記録が残ったようなところがあり、無駄をなくそうとするのが無駄だと気付きました。M700は取っておいてあります。あのクリアさが好きです。

> お久しぶりです
> Allegretto遊びは止めてしまわれたのですか。確かに東芝のデジタルスチルカメラはPowerShot Pro1みたいな孤高の存在感みたいな機種って見当たりませんね
>  
> 創業時に海外展開を予見していなかった国内ブランドはたいてい別ブランドを立ち上げるようですね。PanasonicとかJVCなどでしょうか。デジカメの時代は海外向けは同じ機種でもデザインが少し異なるとか多いようで、アレグレットシリーズはロゴがTOSHIBAに、LUMIXは前面にPanasonicロゴが追加されていたり、京セラのデジカメはYASHICAブランドがくっついていることもあります。
>
> コニカミノルタは当初JVCケンウッドのようにカテゴリー別ブランドの使い分けを想定していてG400やA1、Z1などはコニカミノルタ製品にも関わらずMINOLTAブランドですね。のちにカンパニーブランドに切り替えたということは失敗だったのでしょう。現在ではパナソニックがインドでSANYOブランドを多用しています。
  1. 2019/03/01(金) 15:49:04 |
  2. URL |
  3. 横須賀与太郎 #-
  4. [ 編集 ]

どもども、横須賀鎮守府技研参謀殿。

なんと、横須賀方面で内戦ですか。エマジーエンシー回線でのご返信、ありがとうございます。

我が師団のヤードからフジカAX-1を発掘しました。今のところ腐食もなく、露出計も生きているようです。ポルストはロストしてしまい捜索の目途が立ちません。いつの間にか110判フィルムが消滅寸前で強襲部隊を投入してアマゾン先生のモノクロネガを確保しました。現像サービスは期待できないかもしれませんね。工兵部隊によって16mmフィルム用に改造したキングのベルトで代用できることを祈っています。

ホルガ120はプラ玉とガラス玉をハルハ河の紛争に投入したのですが、不思議なことにプラ玉は中央部では見事な結像をする替わりに周辺部に向かって急速に結像しなくなるのに対し、ガラス玉はウェルミー6のような濡れた描写が楽しめます。個人的には被写体は中央に有るのでプラ玉の中央のみの切れ味が戦時には役に立つでしょうか。

例のホルガの玉をライカ判のFマウントにしたブツを持っているのですが、「潜るんです」か何かのISO800のネガで撮ったら油断すると普通に写ってしまい警戒が必要です。F3につけたらファインダー像は美しく、フォーカスの山はつかめません。

拙僧の師団の110判フィルム特殊潜入戦団は最後の作戦に備えているのですが、110判フィルムは確保してもカメラが無いことに今更気づきました。いや、ヤードにはズームレンズをつけたポケットフジカなどがあるはずなのですが、捜索は難航しそうです。
  1. 2019/03/03(日) 00:41:53 |
  2. URL |
  3. Rikkie #1Nt04ABk
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Rikke様 コメント恐縮です。
AX-1 ジャンクを、とある部品を目当てに安く購入したのですが、動いていて実用できそうなので、狐につままれたような気でおりましたが、プリズム腐食が縦方向に入っており、プリズムの生存率が気になり、質問させていただいた次第です。
せっかくST-F道の最終回を前にマイクロソフト社のPCがジャンク化し、ネガが何本か上がっているのに、実にもどかしいです。国際手配のジャンクなど散財し魔法のカルタはケタタマシク「かえせかえせ」としかいわず、ものを売っぱらうにもスマルトフォーンという無線機と付属写真機を使うしかなさそうです。
新宿は分かりませんが、京急の上大岡(横浜市)の淀亀に参りましたら、瀕死のフィルム売り場に少し鼻を添えていたロモグラフィー系や、ホルガ系がスカスカになっていました。ここんとこ急ですね。二眼レフタイプのものでガラスレンズのものがあると知り、慌てで新品をとりよせました。ロモグラフィーやホルガなどの「ダメダメ気まぐれ」系のプロパガンダには頭にきます。本家レニングラード光学のリュビツェーリより遥かにリファインされ、よく写るロモグラフィー復刻リュビツェーリさえもダメダメ系に宣伝してますね。あらゃそうとういいものですよ。私などは、レンズがアクロマートはおろか、完全な1枚レンズでも晴れと曇り、ゾーンフォーカスさえあれば立派な実用機で「写ればいいじゃん」としては合格なんですよ。

ある意味、普通に写っちゃってとうぜんな部分はあるとおもいます。

これは光大派の愛用したヴェス単レンズにもいえますが、本来絞っでピントが出るはずの物が、「フード外し」した状況で、ピント合わせ機構がなくても美しくイケてしまうところが難しいですね。ワタシは本家の昔のダイアナでさえ高級魚なんです。ちゃんとうつっちゃう。さらに下層のBANNERという、絞りも焦点調節も出来ないカメラにリバーサル喰わせましたが、実にきれいでした。それでも、設定されてる距離に当たるとマトモに写っちゃう。単玉ソフトフォーカス系のレンズ(キヨハラなど)のピント合わせが難しいからって、ミラーレスのピーキングなんか使っちゃうとキレイなソフトフォーカスにならないんですね。あくまでも目視でないと。ダイアナやホルガでさえゾーンフォーカスが付いてるのでピントが当っちゃって、中途半端な写真になっちゃう。さて、表から見ただけではガラスレンズだかプラレンズだか、私の節穴眼にはわかりませんが、とりあえず120Sは抑えました。日本語製プラレンズになる前のものとのことですが、どうだかわかりません。あとセミマスク欲しさに安く拾った120GNがガラスレンズと知り、しかもフラッシュ非内蔵のものにはホットシューがついてるので、1番安いモデルがフラッグシップモデルになり得るのが面白いですね。バルカーでも使い放題です。さて、いくつか高値で摑まされた超液漏れフラッシュ不全機も放出せずレンズの奥の打ち抜き板を外して完全ソフト機にするかなあ、しかしそれをするならガラス玉の方が良い気もするし。困ったもんです。

> どもども、横須賀鎮守府技研参謀殿。
>
> なんと、横須賀方面で内戦ですか。エマジーエンシー回線でのご返信、ありがとうございます。
>
> 我が師団のヤードからフジカAX-1を発掘しました。今のところ腐食もなく、露出計も生きているようです。ポルストはロストしてしまい捜索の目途が立ちません。いつの間にか110判フィルムが消滅寸前で強襲部隊を投入してアマゾン先生のモノクロネガを確保しました。現像サービスは期待できないかもしれませんね。工兵部隊によって16mmフィルム用に改造したキングのベルトで代用できることを祈っています。
>
> ホルガ120はプラ玉とガラス玉をハルハ河の紛争に投入したのですが、不思議なことにプラ玉は中央部では見事な結像をする替わりに周辺部に向かって急速に結像しなくなるのに対し、ガラス玉はウェルミー6のような濡れた描写が楽しめます。個人的には被写体は中央に有るのでプラ玉の中央のみの切れ味が戦時には役に立つでしょうか。
>
> 例のホルガの玉をライカ判のFマウントにしたブツを持っているのですが、「潜るんです」か何かのISO800のネガで撮ったら油断すると普通に写ってしまい警戒が必要です。F3につけたらファインダー像は美しく、フォーカスの山はつかめません。
>
> 拙僧の師団の110判フィルム特殊潜入戦団は最後の作戦に備えているのですが、110判フィルムは確保してもカメラが無いことに今更気づきました。いや、ヤードにはズームレンズをつけたポケットフジカなどがあるはずなのですが、捜索は難航しそうです。
  1. 2019/03/04(月) 22:54:00 |
  2. URL |
  3. 横須賀与太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yotarouyokosuka.blog92.fc2.com/tb.php/598-c92994b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

横須賀与太郎

Author:横須賀与太郎
別のHNをナンマイダー村井と申します。SIGMA quattro sd Hと心中するためフィルム中心からデジへ宗旨替えしました。フォビオンquattroとμ4/3とに泣き笑い、銀塩ハーフと2眼レフに泣き笑い。
機材・・・
・暗箱
SIGMA sd quqttro H
Panasonic LUMIX G8
TOSHIBA Allegretto PDR-M700
SONY DSC-S75
OLYMPUS C3040ZOOm

OLYMPUS PEN-F
YASHCA-mat(LUMAXAR80mm)
FUJICA ST-F
HANIMEX REFLEX FLASH 35
Rolleicord Ia(Triotar75mm/4.5)
FUJI PicPAL2
SIGMA SA-9

鏡玉
・SIGMA DG ART 35mm/1.4(SIGMA用)
・SIGMA DC 17-50mm/2.8(SIGM(SIGMA用)
・SIGMA DG APO 70-300/4-5.6(SIGMA用)
・SIGMA 28-105mm/3.8-5.6 UC III ASHP.IF(SIGMA用)


・SIGMA DC DN 16mm/1.4 C(Panasonic LUMIX G8用)
・SIGMA DC DN 30mm/1.4 C(Panasonic LUMIX G8用)
・X VARIO 14-42/3.5-5.6 PZ(Panasonic LUMIX G8用)
・X VARIO 45-175/4-5.6 PZ(Panasonic LUMIX G8用)

・G-ZUIKO Auto-S 40mm/1.4(OLYMPUS PEN-F用)

・KIYOHARA SOFT VK50R(Tマウントで各社共用)
その他Tマウントレンズ、
M42レンズ→シグマSAマウントで使用
抑えとしてMFレンズ用としてEOS 620を待機させている。
EOS用にSIGMA UC ZOOM28-70/3.5-4.5を待機させている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フィルムカメラ撮影記録 (33)
放)Zeiss Ikon/Nokton 35/1.2 (4)
放)HEXAR RF (1)
放)BESSA-T (1)
ぼやき (7)
本日の仕入れ (6)
カメラ浮気履歴 (2)
放)BRONICA S2 (2)
放)Nikkor 135mm/3.5 旧Bronica (1)
放)MC Zenzanon 75mm/f2.8東京光学旧ブロニカ用 (5)
放)Nikkor P.C75mm/2.8(旧ブロニカ用) (2)
放)Nikkor H・C 75mm/2.8DX(旧ブロニカ用) (2)
放)MC Zenzanon 80mm/2.8 (Carl Zeiss Jena) (1)
放)Nikkor H 5cm/3.5(旧ブロニカ用) (2)
カメ欲について考える (13)
放)Zeiss Ikon(COSINA) (4)
放)Leica M4-P (0)
放)安原一式 (0)
放)MAMIYA PRESS (2)
放)Lumix G1/G VARIO 14-45mm (14)
放)HELIARClassic 50mm/f2(COSINA)/G1 (4)
放)Heliar 50mm/f3.5/LUMIX G1 (2)
放)NOKTON 35mm/1.2(Lumix G1) (4)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2(Lumix G1) (7)
デジ (4)
放)JUPITER-3(50mm/1.5)/G1 (2)
1眼MFレンズ (1)
日本にライカは不要だった (1)
放)KONICA PRESS (1)
放)M-HEXANON 90mmf2.8(Lumix G1) (1)
放)Nikkor-N・C Auto 35mm/f1.4 (3)
放)Nikon F2 (3)
障捨)Nikon EM (2)
放)NIKKOR 55mm/1.2 (1)
放)ロシア、中国、東欧、赤色カメラ (1)
放)珠江 S-201 (1)
放)蛇腹スプリングカメラ (2)
古写真 (0)
Canon EOS 100 QD (0)
プラカメ大好き (1)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2+HEXAR RF (2)
障)RICOH MIRAI (1)
Yashica-mat Lumaxar 80mm/3.5 (3)
放)Bolsey C22 (5)
放)PENTAX ES (2)
障&捨)SR素子FinePix F700,710 (9)
放)SIGMA zoom-ε28-70/3.5-4.5 (1)
放)M-HEXANON 35mm/2 (1)
放)HEXANON 52mm/1.4 (2)
放)Panasonic Lumix GH1 (4)
放)CF Planar80mm/2.8(Hasselblad) (4)
放)国産Summar (2)
放)FED-4a (1)
Color Lanthar42mm/2.8 Voigtlander (1)
Triotar 40mm/3.5(Carl Zeiss)Rollei C35 (1)
放)SUPER ROKKOR 5cm/1.8 (2)
放)AUTO ROKKOR PF 58mm/1.4 (3)
放)Geronar 150mm/6.3(Rodenstock) (1)
放)Leica 0型(復刻) (4)
放)面白レンズ工房(Nikon) (1)
嫌中運動 (1)
OLYMPUS Camedia C2040Zoom (3)
放)LUMIX GH1 20mm/f1.7(Panasonic) (7)
放)SEKOR 150mm/4 SF(MAMIYA RB67) (2)
放)KL90mm/3.5 MAMIYA RB67 (1)
放)RB67 KL127mm/3.5 (1)
放)Kiron 28-210mm (1)
放)Zenzanon 100mm/2.8 東京光学 (1)
Takmar 58mm/f2(初代PENTAX AP用) (1)
放)KL140mm/4.5Macro(MAMIYA RB67) (1)
放)COSINA 100mm/3.5 Macro (2)
放)SEKOR C 50mm/4.5(MAMIYA RB67) (1)
放)RB67用SEKOR100-200mZoom(MAMIYA) (3)
放)KL75mm/3.5(MAMIYA RB67用) (2)
放)HEXANON AR 50mm/1.7 (1)
放)SMC TAKUMAR 90mm/2.8LS (2)
放)T-22(Lubitel 166)LOMO (3)
放)C Planar80mm/2.8 T*(Hasselblad) (5)
放)C Planar80mm/2.8(6枚玉 Hasselblad) (1)
放)Arsat 80mm/2.8(KIEV 6Cソ連中判) (1)
放)Agnar 85mm/4.5(Agfa Isolette I) (1)
放)Hexanon48mm/2 Konica IIIA (2)
放)Nikkor 50mmO.C/2.8 旧ブロニカ用 (1)
放)Distagon 60mm/3.5 CF(HASSELBLAD 500CM) (3)
S-111-2 75mm/3.5(海鴎203-1) (1)
放)HEXANON 58mm/5.6 Konica Press,Koni-Ome (6)
放)HEXANON 90mm/3.5Konica Press,Koni-Ome (3)
放)HEXANON 180mm/4.5Konica Press,Koni-Ome (4)
放)Achromat 80mm/8(DACORA DIGNA) (1)
放)SMC TAKUMAR 75mm/4.5(PENTAX 6x7) (1)
Zenit 212K(MC HELIOS-44K-4 58m/2) (1)
放)Planar CB80mm/2.8(Hassel 500C/M) (2)
放)Triplet-22,Lubitel 166+(lomography) (3)
SEKOR5cm/2.8(MAMIYA35II) (1)
放)SMC TAKUMAR 55mm/3.5(PENTAX6x7) (1)
放)Color Sygmar 50mm/3.5(Windsor35東興写真) (1)
放)ぎょぎょっと20(対角魚眼3枚玉Nikonおもしろレンズ工房) (1)
放)SMC TAKMAR 135mm/4 Macro(PENTAX 6x7) (1)
捨)memowell(魅惑の2焦点・38㎜-3㎜) (1)
Takumar50mm/3.5(Asahi flex IA) (8)
放)YAHINON80㎜/3.5(YASHICA Mat 124G) (3)
放)Petri PF-ZOOM (1)
放)PENTAX ESPIO 928(28-90mm) (1)
放)INDUSTAR61L/Z(50mm/2.8) (1)
放)XR RIKENON 50mm/2 (1)
放)W.ROKKOR-QE35mm/4 (1)
放)PENTAX67用AF400Tブラケット (1)
COLOR LANTHAR42mm/2.8(Vitessa500L /Zeiss Ikon Voigtlander) (1)
放)長城PF-1(中華) (2)
FUJI CARDIA mini ELITE op (0)
放)COSINA CMSシャッターダイヤル電動で回す。 (2)
Kodak RETINA S1(Germany) (4)
PENTAXLENS 34mm/3.8(Pino J) (1)
FUJINON 40mm/2.8(FUJICA ST-F) (6)
放)CANON LENS 40mm/1.9(AF35ML) (1)
長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL (3)
放)VIVITAR TW35(フォーカルプレーンシャッタープラカメ) (2)
放)spinner 360° (3)
出棺・遺影・生前写真 御供養場 (5)
放)YASHICA LENS 38mm/2.8(YAHICA SNAP) (2)
その他ジャンク (3)
仕方なく携帯で (1)
放)HOLGA 120 TLR (1)
Solitar40mm/2.8青島-6(qingdao) (1)
浮気というより本気 (1)
HANIMEX35 FLASH reflex (1)
HANIMAR 41mm/2.8(HANIMEX REFLEX FLASH 35) (2)
SONY PC1(バリオ・ゾナー)DV (1)
GOKO MacromaX FR-350 (2)
放)MINOLTA AF-S初期型 (1)
放)PENTAX ZOOM 70 (1)
G VARIO 14-140/f4-5.8 (4)
EOS100+430EZ (1)
放Nikon F50+SIGMA28-80 D/3.5-5.6 MACRO非球面 (2)
放)AUTO BELLOWS RKKOR100mm/4 三枚玉(minolta) (3)
放)K/L 65m/f4(MAMIYA RB67) (2)
放)K/L150mm/3.5 L(MAMIYA RB67) (1)
Lumix G8(型落ち決定)Panasonic (3)
Sigma 35mm/1.4 DG ,Sigma sd H quattro (17)
X VARIO 14-42mm/3.5-5.6 PZ(LUMIX G8) (2)
X VARIO 45-175mm/4-5.6 PZ(LUMIX G8) (3)
Didtagon 7.65mm/2.8 Carl Zeiss(SONY DSC-F77 (3)
放)HEXANON40mm/2.8(KONICA EE matic初代3枚玉) (1)
放)SIGMA SD14 (1)
MacromaX38-120mm.10cm ULTRA MACRO(GOKO MAC-10 Z3200) (2)
善良なる小市民にとって良く写るということはどういうことか (4)
Carl Zeis Vario-Sonnar7-21mm/f2-2.5(SONY DSC-S75) (2)
Carl Zeiss Vario-Sonnar T*7,1mm-51mm(SONY DSC-F828) (2)
OLYMPUS SUPER BRIGTZOOMLENS 7.1-21.3mm/f1.8-2.6 (1)
TOSHIBA Allegretto PDR-M700(CANON 5.7-57/2.8-3.1(37-370mm相当) (5)
SONYDSC-F717(Carl Zeiss Vario-Sonnar 9.7-48.5mm/2-2.4) (4)
OLYMPUS SUPER BRIGTZOOMLENS 7.1-21.3mm/f1.8-2.6(C-3040Zoom) (1)
0LYMPUS BLIGHT ZOOM LENS 7.1-21.3mm/1.8-2.6(C-4040ZOOM) (1)
Carl Zeiss Vario-Sonnar 7.1-35.5/2.8-3.3(SONY F505K) (2)
東芝Allegretto PDR-M70,7-21mm/2-2.5(キヤノン製と発表されているが) (4)
TAMURON 200mm/f5.9(TAISEI KOUGAKU) (1)
AF-S Nikkor18-70/3.5-4.5ED DX(Nikon D70S) (1)
放)SR素子センサーの最後(FUJI FinePix S5pro) (1)
SIGMA APO DG 70-300mm/4-5.6 macro (6)
SIGMA UC ZOOM 28-70/3.5-4.5(for Nikon)FUJI FinePix S5pro使用 (0)
AF-S NIKKOR 35mm/1.8G DX,FUJI FinePix S5pro) (1)
SIGMA搭載のFOVEON素子とFOVEON quattro素子の内ゲバ解消祈願 (1)
SIGMA DC17-50mm/2.8EX HSM(SIGMA SD14) (1)
CANON ZOOM LENS 10X 5.8-58mm/2.8-3.1 USM(CANON PowerShot S1 IS) (2)
VK50R(KIYOHARA KOUGAKU) (1)
SIGMA 35mm/1.4 DG Art,SIGMA SD14 (5)
放)SIGMA 18-50/3.5-5.6,FUJI FinePix S5pro (3)
SIGMA MINIZOOM 28-80mm/3.5-5.6 MACRO ASPHELICAL HF (2)
SIGNA UC ZOOM28-70/3.5-4.5 (5)
放)SIGMA UC ZOOM 70-210/4-5.6 (1)
SIGMA 30mm/1.4 EX DC HSM (2)
G.Zuiko 40mm/1.4(OLYMPUS PEN-F) (2)
TOSHIBA Allegretto PDR M60 (1)
SANYO DSC-MZ1 (5)
DG SUMMILUX 15mm/1.7, Panasonic LUMIX G8 (2)
Kenko fishi-eye 180° (1)
SIGMA SD1 merrill (1)
SIGMA SA-9+EF500 SUPER;+28-105/3.8-5.6 UC-III (1)
SIGMA 35mm/1.4 DG Art,SIGMA SA-9 ISO 100フィルム (1)
CASIO XV-3 (2)
J-Phone SH04 (1)
時限記事 (0)
SIGMA ZOOM UC III 28mm-105/3.8-5.6ASPH.IFとsdQH (1)
Carl Zeiss Vario-Sonnar7-28mm/2.8-4 SONY DSC-V1 (1)
SIGMA SD9 (12)
SIGMA 17-50mm/2.8EX HSM. (0)
SIGMA 17-50mm/2.8EX HSM,SIGMA sd quattro H (2)
Minolta SR-1s (2)
minolta SR-7(ROKKOR PF58mm/1.4) (1)
SIGMA30mm/1.4DC EX(SIGMA SD9) (5)
SIGMA30mm/1.4DC DN,Panasonic Lumix G8 (1)
SIGMA 30mm/1.4DG EX,SIGMA sd quattro H (1)
SIGMA SD9 ISO400編 (1)
SIGMA EF-630(Flash) (1)
フルサイズミラーレスの動きとシグマのありよう (1)
SIGMA組裏組員脱出記念 (1)
YONGNUO 50mm/1.8,CANON EOS digital初代黒 (5)
CANON EF-S 18-55mm/3.5-5.6 II ST,CANON EOS Kiss digital初代黒 (0)
TOSHIBA Allegretto PDR-M1 (3)
水準器不良について(Panasonic LUMIX G8) (1)
PETRI(1948年) (1)
Leica,Panasonic,SIGMA協業フルサイズミラーレス発表(フォトキナ2018) (1)
Nikon D50 (1)
YONGNUO YN35mm/2(Nikon D50) (1)
SONY dsc-S40,Carl Zeiss Vario-Tessar5.1-15.3mm/2.8-5.1 (1)
FUJICA ST-F道とHANIMEX REFLEX FLASH 35道 (15)
G.Zuiko Auto-S 40mm/1.4,Lumix G8 (1)
SELBY"ムサシ”TW-D (2)
修理品依頼品 (1)
資料 (1)
HANIMEX RF35d (1)
HEXANON38㎜2.8、KONICA C35EF(ピッカリコニカ) (1)
家庭、旅行、小市民的カメラとレンズの問題。 (1)
SIGMA16mm/1.4 DC DN(μ4/3 LUMIX G8) (2)
FUJINON 55mm/1.8(SIGMA sd quattro H) (1)
F.Zuiko 38mm/1.8(OLYMPUS PEN-F) (1)
ピッカリコニカに関して少~ぅし考えてみる。 (1)
KYOCERA S2(スマートフォン) (1)
Panasonic G 20mm/f1.7 ASPH II(LUMIX G8) (3)
LANTHAR 50mm/2.8 Vitorona,Voigtrander (1)
Rollei Lens 40mm/2.8(Rollei 35RF日東光学1981年) (1)
FUJICA STX2 (1)
FinePix F10(FUJIFILM,2005) (2)
EBC X-FUJINON MACRO 55mm (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード