FC2ブログ

う~つれ~ばい~いじゃ~ん!

拝啓、山木社長殿。SIGMA quattro Hをメインとしてシグマに喜捨すること。50/1.4と20/1.4Artをお迎えすべく喜捨したいのですがあと5年は無理です。FOVEOB quattroセンサーに、マイクロフォーサーズに、銀塩ハーフに、二眼レフに泣き笑い。

「レンズは資産」は成るか!?

rs1.jpg
(SIGMA sd quattro H SIGMA ZOOM UC III 28-105mm/3.8-5.6 ASHP.IF 1/6 程度にトリミング
JPEG撮って出し、BASIC S-LOモードという一番低画質なモード)

中々シグマ quattro道も相当いろいろ探ればならない。
RAW現像で追い込み、そのあと画像そぐと出追い込む、なんてのが普通なのだろうが、
例えば今までの経験で。。。
JPEGの撮って出しの最高画質(2倍モードではない等倍までのもの)は私的に X
JPEG撮って出し最低画質、持っても圧縮をかけたものは意外といい。

高細密なところにカメラのエンジンがJPEGに絵を作るときに、高精細なところに塗り絵をしちゃうから、
変にごつごつ見えちゃう。

どういう具合の時にどのくらいのモードで撮るといいか随分と研究せねばならない)。

最低画質にすると、結構アバウトに描いてくれるのだ。
だからフィルム時代のレンズも、また、普通に焼く写真著してちょうどよい時がある。
以下はBASIC、S-Loモード。これ以上にない最低画質でフィルム時代のSA-9についていた3倍ズームだ。
軽くて使いやすい。

このモードはヤフオクのブツ撮りにしか使っていなかったが、ブロンズ像などの質感もよく出ている。
非球面レンズ採用とあって、フィルム時代のものでもにじみなど少ない。


rs2.jpg
横浜駅で京浜東北線に乗り換えるとき交互に発車している八王子線。

以下部分。
rs22.jpg
rs23.jpg

これ以上にない軽い画質でちょうどよく写っている。
もちろん焼くサイズやいろいろな使用条件にもよってくるが、普通に滑らかに見えるのが不思議である。

ちなみにSA-9(2001年6月発売のフィルムカメラ SA-7Nとともにシグマ最後のフィルムカメラとなった)で
フジの業務用ISO100フィルムで純正フラッシュEF-500 SUPER(純正TTL調光可1/180同調、FPモードで最高速の1/8000秒まで同調可)でバウンズ撮影をしてみる。
フィルムらしい意写りだなぁ。なんかほっとするのですが。
rsf2g.jpg

横浜線の写真で歩いている女性の顔にモザイクを入れたのはプライバシーに配慮したからで、お美しい方でしたが、
最後の室内写真でモザイクを入れたのは、洗濯物や散らかりを隠すためです。

結局ニコンは「不滅のFマウント」で、最新のレンズをNikonFに付けられない。いろいろ裏目に出た。
大英断をしてM42スクリューマウントからKマウントにしたPENTAXは大英断と思われたが、
今はNikonと同じような状況である。
AF化に際しマウントを変えたミノルタとキヤノンは大ブーイングだったが、
今となっては一番親切であった。
特にキヤノンはプロが使っていたので、蛍石使用なんてとてつもないレンズを出していたからなおさらだったろう。
今となっては、EOS登場後30数年になるが、レンズは資産といえなくもない状態だ。

ただし、登場当時の目玉商品EF50mm/1.0の修理不能問題は誠に大きかったのではないか。
メーカーに断られたが、レンズの曇りを関東カメラサービスはやってくれたとか。。。
しかし、あんなでかい玉動かす超音波モーターはもう部品は。。。治せるものなのか?是か非か。。。

SIGMAは1993年よりSA-300の為にSAマウントになりある程度の互換性があるが、
故障が多いように思う。
モーターは回るけどAF駆動にまで至らない。
もちろんAF動作を保証してないのもあるのだが、
ふぃるむのSA-7などに付けても同様で、また絞の制御が利かなくなっている個体も多い。
絞の制御さえできていればMFで十分再利用できるのだが。。。

ではその逆、SA-9(フジフィルム)にquattro Hの35㎜/1.4 DG Artは
成立しなかった。

いや、成立するのかもしれない。事実動きはこちらの方がスムーズで快適だったが、
フィルムのカーリング、スキャナーの読み込みの時のカーリング、
スキャナーでの取り込み精度やサイズ、

簡単には新しいレンズの良さは味わえなかったのだ。
恐ろしいまでに一点にしかピントが合わない高精細なレンズに、
フィルムカメラは向いていない。
rsf3.jpg

スポンサーサイト



  1. 2018/05/26(土) 22:25:04|
  2. SIGMA ZOOM UC III 28mm-105/3.8-5.6ASPH.IFとsdQH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

4群5枚単焦点は伊達じゃない!!(無銘8.1㎜/2.6)CASIO XV-3


xv3n1.jpg
互換充電池が充電池が来たので、SANYO MZ1と一緒に仕事先に持って出た。モノクロにしちゃってましたね。これでは初夏の風にはためく軍艦機が台無しです。

xv3n2.jpg
マクロモード、良く写っています。

xv3n3.jpg
無限遠モードでもやはり風景は新しいデジカメの方が吉か。。。
サイズや焼き方によって行けるんじゃないかなと思いますが近距離の時の切れ味はさすがに出ていません。
18年前のデジカメです。

xv3n4.jpg
おや、どうしたことでしょう、さっきはマクロモードで暗穴に奇麗に写っていたのに。。。
レンズが半分引っ込んでました。yohibusi様が教えてくださったとおり、このカメラ、電源が入っていなくてもレンズを引っ張り出せるのです。その逆の現象もありでした。焦点が出ないわけですね。



xv3n5.jpg
これはSONYのS75共々お見事!切れ味はこっちの方が若干上か。

xv3n6.jpg


xv3n7.jpg
君は誰に命じられたでもなくここに咲いて私に一服の清涼感を与えてくれた。

xv3n8.jpg
日に日に蚕食されていく。カラーじゃないとわかりにくいかと思ったがそうでもない。
モノクロの時の切れの良さが際立つ。

xv3n9.jpg


この様な滅びゆく歴史遺産は写真にとるしかしょうがない。のちの人間のだれが、松脂で飛行機が飛ぶと思うだろうか。
xv3n10.jpg






  1. 2018/05/19(土) 13:21:55|
  2. CASIO XV-3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

贅沢な、あまりにも風雅な(SANYO MZ1)

sanyou-mo.jpg
1/1.8インチCCDに200万画素級というのは実に贅沢で優雅だなぁと思った。まぁ1/2で200万画素級のOLYMPUS2040も似たようなものだが。
下の生まれてウーモの感じが自然でよいと思ったのだ。
ノイズも出るしソコソコなんだけど嫌みがないというか。
表に出る写真を早く撮りに行きたかったがエヴォルタもすぐ電池切れとカメラが言い出す。
エネループも同様。
両者とも大光量フラッシュに戻すと快調に充電完了となり快調にピッカリピッカリ光るのだ。
んじゃどうせだったらリチウム単三でどうだ!!
ッてぇんで先日持ち出した。

sanyoumi.jpg
軍艦機翻り、気温が熱くなり薄くもやが出ている。
風雅なり。

電池議連警告が、しかも強制終了。。。こりゃいかれているのかな、と思ったとたんカメラが地面に落っこちた。
紐を止めている棒が外れ、その棒を止めてあるところが欠けていた。

行先の四街道公民館でリサイクル箱がある。金や希少金属の回収にほんのわずかでも役立てば。。。
risaikuru.jpg
  1. 2018/05/19(土) 12:40:51|
  2. SANYO DSC-MZ1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

俺、写メ1号機使っていたんだった!(デジカメコンプレックスに侵食されながら)

01-10-05_22-54.jpg
2001年10月5日午後22時43分 帰宅後犬を撮影

 そうだ、携帯を買おう。。。仕事で立ち寄った四街道駅前の携帯屋に寄った。
支払いが滞ったりして何ども何度も支払って解約し、会社を変えたり番号を変えたりする羽目になって当時持っていなかった。
 そう、カメラが付いたのが出てるらしいけど、型落ちになってないかなぁ。。。と思ったら型落ちになって安かった。
しかしそれが栄えある1号機で、画質がどうにもならないのは知るよしもない。
J-phone SH04
sh04ss.jpg
https://k-tai.watch.impress.co.jp/cda/article/showcase_top/3913.html
1年くらい型落ちであった。

デジカメコンプレックスを持っていたが、当時はロシアカメラだの、プラカメだの、中判カメラだの、ミレニアム前後に起きた国産新ライカtypeなど、そんなものに金を使っていて、デジカメを買う「余剰」などあるわけがない。おまけに修行中で莫大な交通費トロ9宇力を使ったところで収入はほとんどないのだ。

でも考え方によればこれがデジカメらなぁと思っていたけれどなんせ10万画素。この写真以外に何が写っているかわかるものはない。
  1. 2018/05/16(水) 16:16:33|
  2. J-Phone SH04
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

4群5枚構成単焦点なんて泣かせるじゃねかかめぇは!!CASIO XV-3

gomi.jpg
撮影したり公開したりするのが不適切な被写体だが、現在充電池が劣化していてなかなか外に連れ出すに至らない。
頂き物のフィルターやらレンズキャップやらカメラやらジャンクやらの中にひときわ目立って魅力がなさそうなカメラがあった。
多分グリップ部にウレタンのような加工がしてあったのだろう。べちゃっと引っ付いてひときわ汚さを演出し、汚く、黎明期の単焦点は取るに足らない存在だと思ったのだ。
 しかし、調べるにあたり4群5枚の単焦点レンズで1/1.8のCCDに330万画素と。。。
4群5枚といえばクセノタールタイプが有名で、細かい仕事をする。
このカメラのレンズがクセノタールタイプかどうかは知らないが、webで検索するとなかなか良い画像が出てくる。

電池は入っている毛でお充電池あh無かった。
いまジャンクをあさりに東京へ出る機会も少ないし、このころのものがジャンクに出回るのも少なくなっているであろう。
このころのクラデジといえども、買おうと思ったらそれなりの値段を出す覚悟がないといけない時代となったかもしれない。
充電器付のものを一式、2野口;桐文様白銅玉プラス送料を必要とした。
これは仕方がない。今すぐ使いたいと思っちゃったんだから。

さらに電池の劣化で互換電池がいつ来るのやら。南米密林電脳網・尼損で注文した。
寿電気が汎用で安いのhがあると思っていたが、なんだかバカ高いのしかなく、
藪億でなってしまった。
このような、皆さんジャンクでサルベージしてきた、、、」などと軽妙に書いていらっしゃるカメラたちに、
私はいちいち一葉の一葉をつぎ込んでいる形だ。

でもいい仕事をしているレンズだ。
cxv3n.jpg
(PENTAX Optio230で撮影。うちのこのカメラはほかのカメラの悪口の見本写真を撮るときだけよく写る不思議なカメラだ)
こっちは使う予定のない方のXV-3(yohibusi様からのご指摘により、電池が入っていなくてもレンズが動いてレンズバリアが開くとのことで、せっかくのレンズを写すべく指でレンズをホジリました。


SANYO MZ1も気に入っているのだが、エヴォルタを入れようが、エネループを入れようが、すぐに電池切れを起こす。
大光量フラッシュにその電池を戻すと、ぜ~んぜんNo問題でサクサク充電、サクサク発行させられるのだが。
試しに単三リチウム電池を尼損に頼んでみたが。
どうなることやら。

午前中から昼過ぎまでオモテで用を足していたというか、医者と薬局巡りをしていたので、
SIGMA SA-9、28-105mmUC IIIを付けたまともなセットでアクロスを詰めて持ち歩いた。
崖地が多い当地は、養生の済んでいないところ(崖の養生となると千万単位だ)所の防空壕の跡を再利用したところなど、ごく狭い路地などを撮った。

  1. 2018/05/15(火) 20:44:14|
  2. CASIO XV-3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ISO100大作戦も。。。35㎜/1.4を35㎜として使う!!

sa-93514.jpg
 フィルムの高騰に伴いISO400のモノクロフィルムがおいそれと使えなくなったので、まだそれより若干低廉な、しかも画質の良いISO100を使っていこう・・・と昨年ISO100大作戦と自分の中では気おtって始めた。
大口径レンズもいいがTTL自動調光で自然に撮るなんていいなぁ。。。と4半世紀くらい前のことを言ってフラッシュや露出計で手ごろなものを買い足した。
 しかし、その念頭にあったフィルムは、アクロスである。
もう余命宣告されてしまっていて長くはない。

 先日なんだかTポイントなるものがたまって、アクロス3本組が変えるくらいにたまったので、購入したが、
それがいけなかった。いろいろなカメラで試そうと、出したり入れたり久々に1本のフィルムで難題も使おうとしていたら勘が鈍っていて、結局2本は訳が分からなくなって捨ててしまった。
80年代初頭、私も小学校から中学の頃、フィルム1コマは血の1滴、という言葉があったが、身銭を切らないとだめだ。
今回は身銭を切って購入。

 あるうちにということもあるのだが、大変な、膨大な借財を抱えて無理やりお迎えしたSIGMAのsd quattro Hセットの標準レンズはフルサイズをカバーする35㎜である。な獣のような高精細な描写をする。
 sd quattro HだとAPS-Hサイズなので46㎜相当となる。
かなりオーバースペックなレンズを使うことになる。
 無印のsd Quattroには、初めからAPS-Cサイズ用に、フルサイズ換算45㎜相当になるように30㎜のレンズが用意されている。
であるから、もともとの設計から違い30㎜の方が圧倒的にコンパクトである。

 しかし無理してsd quattrp Hをお迎えしてしまったか35㎜/1.4が付いている。
35㎜/1.4といえばフィルム時代フルサイズで(これが当たり前だったのだけれど)家庭内で写真を撮るのに誠に適したレンズだった。Nikkorの35mm/1.4が中古でもなかなか安くならず、絞開放ではまるでソフトフォーカスのようで、なかなか味わいのあるレンズだった。
 今回のSIGAM 35mm/1.4 DG Artもたいへん高価なレンズである(私にとって)。
それはsd quattrp H では写らないさらに画面外の分の画質も入っているから高くなるわけである。
Nikon用やCanon用であれば、お金さえ持っていればフルサイズのデジ1があるが、SIGMAではまだである。
このレンズを掛値無しの35㎜/1.4(フルサイズ換算35㎜)として使うにはフィルムカメラの登場となる。

 今回、全く予期せぬいただき物、にこんなすごいものがあったのだ。
このレンズは欲しくてしょうがなかった。SIGAMA HIGHISPEED WIDE 28mm/1.8である。
結構ジャンクでも5千円よりはなかなか下がらず、家庭内写真にはもってこいであったからだ。
確か92年の特選街という雑誌でテストレポートを読んだ。
非球面レンズを使い画質を良くしていると。
今では当たりう前なのだが。

 システム統合を計っていて、どうしたもの型考えあぐねている。
フィルムを使う必要があるのか、
さらにSIGAMA 35㎜/1.4がデジ用の極めて高精細でテレセントリック性を重視したレンズであるが、
それがフィルムに合うかどうか。

 
2818k19e5.jpg
 EOS5のシステムはいただき物にすべて入っていた。
KIEVもボディーだけは入っていたから思わずヤフオクで調達してしまったのである。
Nikkorはいやだ。というか平凡すぎ、ロシア(ウクライナ)のもともとKIEVについていたものや、適合するものは高価である。
いろいろ何が良いかと思ったら良さそうなAFの28㎜/1.8(これもEOSのレンズと同じ)一葉一野口くらいで購入してしまった(こちらもTポイントが1200ポイントくらいたまっていたことも肩を押された。
シグマのベトベトがきれいに撮られている代わりに、絞りの指標も消えている。
クリックの手探りでわかるからそんなことはどうでもよい。

 こちらはフィルム時代のものであるからフィルムには適合性が良いことは容易に想像がつく。
どうしたもんだろうかと思い詰めていたが、まあぼちぼち使いながら、無理に急いで統合することもないか。。と思って気が楽になった。

 今回のSA-9、SA-7は、ファインダーが面したが紫になっており、上は比較的ニュートラルである。
上からのぞくと、下の方もニュートラルに見える。
どうも接眼部の近くのものが変色しているのではないか。
少なくともスクリーン自体が変色しているわけではなさそうである。
 
  1. 2018/05/14(月) 16:35:57|
  2. SIGMA 35mm/1.4 DG Art,SIGMA SA-9 ISO 100フィルム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんまに、わしにどないせぇーッちゅうねん、ワレぇ~!!

sigmasa-9 ef500superN
(SANYO DSC MZ1で撮影)

ほんまに、わしにどないせぇーッちゅうねん、ワレ!
スペック高すぎや!
そやかて、わしにはフィルム喰わす甲斐性もないしなぁ。

はっせんぶんのいちぃ~!?なんじゃそりゃ、通天閣もさかだちするわ。
ひゃくはちじゅうぶんのいちでフラッシュ同調!?
まにゅあるもーどでFPモードに設定すりゃはっせんぶんのいちでもだいじょうぶやなんて、
お日ぃさんも目ぇまわして、日に十篇昼と夜がくるでぇ。

そらわしかてなぁ・・・まんざらでもないし、
わしのような甲斐性なしのそばにおってもええッちゅうんなら、んまぁ毎晩夜伽もするし。。。

でもなぁ、わしのそばにおっても、フィルム挿入してパッコンパッコンせな、悦びっちゅうもんがおまへんやろ。。。

玉もなぁ、軽くて安そうに見えて中々ええ玉や
SA-9のぞいてみぃ、そら紫やら桃色やらいろとりどりでそらもうあんた、ムラムラっとくるわ。あんた。
それにべっぴんやのに気立て良うて、小柄で抱き心地もええわい!

そやかてなぁ、おまえの生きる悦びっちゅうもんがあるやろ。

35mm/1.4 DG Artをフルサイズで35mmとして使うとか
70-300の暗いレンズを手振れせんようにISO800で撮るとかでSA-7一台あったら十分や思うとったところへ・・・
(フォビオンセンサーで800で撮るなんて芸当なかなかでけしまへんやろ、
ここはフジカラー800の出番やでぇ)

ほんま堪忍なぁ、おまえやワレなんちゅうて。ほんまはあんた、弁天様や。

わしの欲深さと、おまはんの日がな一日、挿入パッコンパッコンの悦び、
どっちをとるかや。

くわぁ~ つらいなぁ~ どないしよぅ・・・

sm1.jpg
あ、おまえもじゃ。
おまえはロクに電池喰わずに、あたらしいのん喰わせ~喰わせ~ゆうやろ、
ええ画をかくから我慢しとったんやけど。。。ほんまにもう・・・
エネループきっちり放電さすの、えろぉつろおまんねんで、ほんまにもぉ!!




  1. 2018/05/10(木) 23:10:58|
  2. SIGMA SA-9+EF500 SUPER;+28-105/3.8-5.6 UC-III
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャッチ&リリース(SIGMA SD1merrill,35mm/1.4Art)

sd1msp.gif
(SIGMA SD1 merrill,35mm/1.4Artで撮影)
昨年末よりパナG8とSIGMA sd qHのセットを組むにあたり、リボ払いの金利なるものに年利何%と書いてあるのは知っていたがこうまで元本が減らないとは思ってもみなかった。また、このデジ拾ったから互換電池と充電器と・・・などとやっていたらそれが加算って卒倒しそうな額になった。

しかしである。SD14は2回買って放出。S5Proなんてのも買って放出。
その遊んだ分の電池やらCFアダプターやらプラスして、買ったよりちょっと安く出す。。。
売れる。もちろんその差額は使用料である。

真人間になるために極限まで物を切りつめて、たとえ100円でもよいから放出精神(いや知恵を絞って少しでも高くしたいもんだが)モードになっている。

SD14もS5Proも釣りでいうキャッチ&リリースじゃないのかい??
それだったらカードの請求の時差を狙ってキャッチアンドリリースをして、使用料をマイナスした額で安くおまけもつけて出せばよい。

今回SD1だけがコンプレックスを作った。
これはこじらせるとエライことになる。
今のうちにキャッチアンドリリースして、なるほど。。。と思って放流するのがよろしい。

まだCFが届いていないのでサンヨーのMZ1についていた192MBのものでほんの数枚とることしかできないが、
これも結構こじらせちゃったカメラだなぁ。
SD14なんかの方が使いやすかった。
奇妙な色はSPP4.2でオートで現像すれば3秒でまともな色になったし。
操作も迷わなかった。

しかし1000万画素級といってもポチポチで行くと400数十万ポチポチらしく、
A4に伸ばしたら、ひょっとしてもっと伸ばしたらカクカク出るかもしれないと思ったこともある。
だけどAPS-C(より少し小さい)で400万ポチポチ台。

最近愛用しているミレニアム期のサンヨーMZ-1は1/1.8に210万ポチポチである。
これがなかなか良くできた画が出てきて、ノイズは出てもそんな嫌な出方はせず、写らないところはソコソコぼかしてくれて、
光の余裕のあるパンチ力みたいなものはある。センサーの大きさに比べて贅沢な使い方だ。

SD14などはAPS-Cのちょっと小さめのものに400数十万ポチポチであればこんな贅沢な話はない。
さらに3層構造のフルカラーポチである。

おいらにはあのくらいで十分なのかなぁ。ISO 400でも乱れが少なかったような気がするし。

人間は分不相応なものを求めると苦悩する。
しかし、俺はバケペンやRB67に100-200㎜ズームに蛇腹フードつけてスナップした大バカ者だ。
どんなプロ用で重くてブレてたって、画は出てくるから写るんですなどとな児d表で語る大バカ者としては同じなのである。
しかし、私が思い中判にな画玉振り回している間にカミさんが撮ったマイクロフォーサーズや、最近ではスマートフォンで撮ったものの方が生き生きした表情が撮れてるのだが。

タムロンさん、コシナさん、そろそろシグマレンズも出してくださいや。
選択範囲は広いほうがいい。

SD14はなんかほっとするカメラなのである。2GBでもそこそことれたしなぁ。RAW現像時間も3秒以下だったし。
SDIM2790j.jpg

  1. 2018/05/08(火) 22:25:13|
  2. SIGMA SD1 merrill
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わざわざフィッシュアイコンバーター付けなくてもよかったんだけれど(うれしいいただき物)

k180s.jpg
愚息と人形の間にレンズを突っ込むようにして撮ったつもりだったがまだ甘かった。
これくらいの感じだったら35㎜程度のレンズでいいのだけれどいただき物でありゃ、
こんな珍しいもの・・・つかいますよねぇ。
取付板が49㎜径だったのでSMCタクマー50mm/1.4を主レンズとしてSIGMA sd q HとEF-63を後斜め上に焚いた。
  1. 2018/05/06(日) 23:22:58|
  2. Kenko fishi-eye 180°
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風邪をひいて寝込んでいますが、神は亀鬱になることを許してくださらない

SANY0013.jpg
(SANYO DSC-MZ1で撮影)
先日大きな段ボール2つ分届いた。お知り合いの方がいらないカメラ関係ものをくださるとのこと。
ある程度処分された後だったようである。
どうぞ捨てるものは御存分に処理してください。1つでも使えるものがあれば幸いです。
とのことだったが、、、
半端でどうにもならないものもあるし、この持ち主の方はかつてこんな系統のカメラも持っていたなと、
残存物から伺えたが。。。
嫌ぁ、その膨大な量と、動く率が高い。。。
駐)ここに写っているのは可動品のほんの一部であり、膨大な量のものが実用可能である。
神は私が亀鬱になることをお許しにはならなかった。
(この写真を撮ったカメラもそうだし・・・SANYO DSC-MZ1サイコー!!)。
  1. 2018/05/02(水) 11:51:44|
  2. SANYO DSC-MZ1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

横須賀与太郎

Author:横須賀与太郎
別のHNをナンマイダー村井と申します。SIGMA quattro sd Hと心中するためフィルム中心からデジへ宗旨替えしました。フォビオンquattroとμ4/3とに泣き笑い、銀塩ハーフと2眼レフに泣き笑い。
機材・・・
・暗箱
SIGMA sd quqttro H
Panasonic LUMIX G8
TOSHIBA Allegretto PDR-M700
SONY DSC-S75
OLYMPUS C3040ZOOm

OLYMPUS PEN-F
YASHCA-mat(LUMAXAR80mm)
FUJICA ST-F
HANIMEX REFLEX FLASH 35
Rolleicord Ia(Triotar75mm/4.5)
FUJI PicPAL2
SIGMA SA-9

鏡玉
・SIGMA DG ART 35mm/1.4(SIGMA用)
・SIGMA DC 17-50mm/2.8(SIGM(SIGMA用)
・SIGMA DG APO 70-300/4-5.6(SIGMA用)
・SIGMA 28-105mm/3.8-5.6 UC III ASHP.IF(SIGMA用)


・SIGMA DC DN 16mm/1.4 C(Panasonic LUMIX G8用)
・SIGMA DC DN 30mm/1.4 C(Panasonic LUMIX G8用)
・X VARIO 14-42/3.5-5.6 PZ(Panasonic LUMIX G8用)
・X VARIO 45-175/4-5.6 PZ(Panasonic LUMIX G8用)

・G-ZUIKO Auto-S 40mm/1.4(OLYMPUS PEN-F用)

・KIYOHARA SOFT VK50R(Tマウントで各社共用)
その他Tマウントレンズ、
M42レンズ→シグマSAマウントで使用
抑えとしてMFレンズ用としてEOS 620を待機させている。
EOS用にSIGMA UC ZOOM28-70/3.5-4.5を待機させている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フィルムカメラ撮影記録 (33)
放)Zeiss Ikon/Nokton 35/1.2 (4)
放)HEXAR RF (1)
放)BESSA-T (1)
ぼやき (7)
本日の仕入れ (6)
カメラ浮気履歴 (2)
放)BRONICA S2 (2)
放)Nikkor 135mm/3.5 旧Bronica (1)
放)MC Zenzanon 75mm/f2.8東京光学旧ブロニカ用 (5)
放)Nikkor P.C75mm/2.8(旧ブロニカ用) (2)
放)Nikkor H・C 75mm/2.8DX(旧ブロニカ用) (2)
放)MC Zenzanon 80mm/2.8 (Carl Zeiss Jena) (1)
放)Nikkor H 5cm/3.5(旧ブロニカ用) (2)
カメ欲について考える (13)
放)Zeiss Ikon(COSINA) (4)
放)Leica M4-P (0)
放)安原一式 (0)
放)MAMIYA PRESS (2)
放)Lumix G1/G VARIO 14-45mm (14)
放)HELIARClassic 50mm/f2(COSINA)/G1 (4)
放)Heliar 50mm/f3.5/LUMIX G1 (2)
放)NOKTON 35mm/1.2(Lumix G1) (4)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2(Lumix G1) (7)
デジ (4)
放)JUPITER-3(50mm/1.5)/G1 (2)
1眼MFレンズ (1)
日本にライカは不要だった (1)
放)KONICA PRESS (1)
放)M-HEXANON 90mmf2.8(Lumix G1) (1)
放)Nikkor-N・C Auto 35mm/f1.4 (3)
放)Nikon F2 (3)
障捨)Nikon EM (2)
放)NIKKOR 55mm/1.2 (1)
放)ロシア、中国、東欧、赤色カメラ (1)
放)珠江 S-201 (1)
放)蛇腹スプリングカメラ (2)
古写真 (0)
Canon EOS 100 QD (0)
プラカメ大好き (1)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2+HEXAR RF (2)
障)RICOH MIRAI (1)
Yashica-mat Lumaxar 80mm/3.5 (3)
放)Bolsey C22 (4)
放)PENTAX ES (2)
障&捨)SR素子FinePix F700,710 (9)
放)SIGMA zoom-ε28-70/3.5-4.5 (1)
放)M-HEXANON 35mm/2 (1)
放)HEXANON 52mm/1.4 (2)
放)Panasonic Lumix GH1 (4)
放)CF Planar80mm/2.8(Hasselblad) (4)
放)国産Summar (2)
放)FED-4a (1)
Color Lanthar42mm/2.8 Voigtlander (1)
Triotar 40mm/3.5(Carl Zeiss)Rollei C35 (1)
放)SUPER ROKKOR 5cm/1.8 (2)
放)AUTO ROKKOR PF 58mm/1.4 (3)
放)Geronar 150mm/6.3(Rodenstock) (1)
放)Leica 0型(復刻) (4)
放)面白レンズ工房(Nikon) (1)
嫌中運動 (1)
OLYMPUS Camedia C2040Zoom (3)
放)LUMIX GH1 20mm/f1.7(Panasonic) (7)
放)SEKOR 150mm/4 SF(MAMIYA RB67) (2)
放)KL90mm/3.5 MAMIYA RB67 (1)
放)RB67 KL127mm/3.5 (1)
放)Kiron 28-210mm (1)
放)Zenzanon 100mm/2.8 東京光学 (1)
Takmar 58mm/f2(初代PENTAX AP用) (1)
放)KL140mm/4.5Macro(MAMIYA RB67) (1)
放)COSINA 100mm/3.5 Macro (2)
放)SEKOR C 50mm/4.5(MAMIYA RB67) (1)
放)RB67用SEKOR100-200mZoom(MAMIYA) (3)
放)KL75mm/3.5(MAMIYA RB67用) (2)
放)HEXANON AR 50mm/1.7 (1)
放)SMC TAKUMAR 90mm/2.8LS (2)
放)T-22(Lubitel 166)LOMO (3)
放)C Planar80mm/2.8 T*(Hasselblad) (5)
放)C Planar80mm/2.8(6枚玉 Hasselblad) (1)
放)Arsat 80mm/2.8(KIEV 6Cソ連中判) (1)
放)Agnar 85mm/4.5(Agfa Isolette I) (1)
放)Hexanon48mm/2 Konica IIIA (2)
放)Nikkor 50mmO.C/2.8 旧ブロニカ用 (1)
放)Distagon 60mm/3.5 CF(HASSELBLAD 500CM) (3)
S-111-2 75mm/3.5(海鴎203-1) (1)
放)HEXANON 58mm/5.6 Konica Press,Koni-Ome (6)
放)HEXANON 90mm/3.5Konica Press,Koni-Ome (3)
放)HEXANON 180mm/4.5Konica Press,Koni-Ome (4)
放)Achromat 80mm/8(DACORA DIGNA) (1)
放)SMC TAKUMAR 75mm/4.5(PENTAX 6x7) (1)
Zenit 212K(MC HELIOS-44K-4 58m/2) (1)
放)Planar CB80mm/2.8(Hassel 500C/M) (2)
放)Triplet-22,Lubitel 166+(lomography) (3)
SEKOR5cm/2.8(MAMIYA35II) (1)
放)SMC TAKUMAR 55mm/3.5(PENTAX6x7) (1)
放)Color Sygmar 50mm/3.5(Windsor35東興写真) (1)
放)ぎょぎょっと20(対角魚眼3枚玉Nikonおもしろレンズ工房) (1)
放)SMC TAKMAR 135mm/4 Macro(PENTAX 6x7) (1)
捨)memowell(魅惑の2焦点・38㎜-3㎜) (1)
Takumar50mm/3.5(Asahi flex IA) (8)
放)YAHINON80㎜/3.5(YASHICA Mat 124G) (3)
放)Petri PF-ZOOM (1)
放)PENTAX ESPIO 928(28-90mm) (1)
放)INDUSTAR61L/Z(50mm/2.8) (1)
放)XR RIKENON 50mm/2 (1)
放)W.ROKKOR-QE35mm/4 (1)
放)PENTAX67用AF400Tブラケット (1)
COLOR LANTHAR42mm/2.8(Vitessa500L /Zeiss Ikon Voigtlander) (1)
放)長城PF-1(中華) (2)
FUJI CARDIA mini ELITE op (0)
放)COSINA CMSシャッターダイヤル電動で回す。 (2)
Kodak RETINA S1(Germany) (4)
PENTAXLENS 34mm/3.8(Pino J) (1)
FUJINON 40mm/2.8(FUJICA ST-F) (6)
放)CANON LENS 40mm/1.9(AF35ML) (1)
長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL (3)
放)VIVITAR TW35(フォーカルプレーンシャッタープラカメ) (2)
放)spinner 360° (3)
出棺・遺影・生前写真 御供養場 (5)
放)YASHICA LENS 38mm/2.8(YAHICA SNAP) (2)
その他ジャンク (3)
仕方なく携帯で (1)
放)HOLGA 120 TLR (1)
Solitar40mm/2.8青島-6(qingdao) (1)
浮気というより本気 (1)
HANIMEX35 FLASH reflex (1)
HANIMAR 41mm/2.8(HANIMEX REFLEX FLASH 35) (2)
SONY PC1(バリオ・ゾナー)DV (1)
GOKO MacromaX FR-350 (2)
放)MINOLTA AF-S初期型 (1)
放)PENTAX ZOOM 70 (1)
G VARIO 14-140/f4-5.8 (4)
EOS100+430EZ (1)
放Nikon F50+SIGMA28-80 D/3.5-5.6 MACRO非球面 (2)
放)AUTO BELLOWS RKKOR100mm/4 三枚玉(minolta) (3)
放)K/L 65m/f4(MAMIYA RB67) (2)
放)K/L150mm/3.5 L(MAMIYA RB67) (1)
Lumix G8(型落ち決定)Panasonic (3)
Sigma 35mm/1.4 DG ,Sigma sd H quattro (17)
X VARIO 14-42mm/3.5-5.6 PZ(LUMIX G8) (2)
X VARIO 45-175mm/4-5.6 PZ(LUMIX G8) (3)
Didtagon 7.65mm/2.8 Carl Zeiss(SONY DSC-F77 (3)
放)HEXANON40mm/2.8(KONICA EE matic初代3枚玉) (1)
放)SIGMA SD14 (1)
MacromaX38-120mm.10cm ULTRA MACRO(GOKO MAC-10 Z3200) (2)
善良なる小市民にとって良く写るということはどういうことか (4)
Carl Zeis Vario-Sonnar7-21mm/f2-2.5(SONY DSC-S75) (2)
Carl Zeiss Vario-Sonnar T*7,1mm-51mm(SONY DSC-F828) (2)
OLYMPUS SUPER BRIGTZOOMLENS 7.1-21.3mm/f1.8-2.6 (1)
TOSHIBA Allegretto PDR-M700(CANON 5.7-57/2.8-3.1(37-370mm相当) (5)
SONYDSC-F717(Carl Zeiss Vario-Sonnar 9.7-48.5mm/2-2.4) (4)
OLYMPUS SUPER BRIGTZOOMLENS 7.1-21.3mm/f1.8-2.6(C-3040Zoom) (1)
0LYMPUS BLIGHT ZOOM LENS 7.1-21.3mm/1.8-2.6(C-4040ZOOM) (1)
Carl Zeiss Vario-Sonnar 7.1-35.5/2.8-3.3(SONY F505K) (2)
東芝Allegretto PDR-M70,7-21mm/2-2.5(キヤノン製と発表されているが) (4)
TAMURON 200mm/f5.9(TAISEI KOUGAKU) (1)
AF-S Nikkor18-70/3.5-4.5ED DX(Nikon D70S) (1)
放)SR素子センサーの最後(FUJI FinePix S5pro) (1)
SIGMA APO DG 70-300mm/4-5.6 macro (6)
SIGMA UC ZOOM 28-70/3.5-4.5(for Nikon)FUJI FinePix S5pro使用 (0)
AF-S NIKKOR 35mm/1.8G DX,FUJI FinePix S5pro) (1)
SIGMA搭載のFOVEON素子とFOVEON quattro素子の内ゲバ解消祈願 (1)
SIGMA DC17-50mm/2.8EX HSM(SIGMA SD14) (1)
CANON ZOOM LENS 10X 5.8-58mm/2.8-3.1 USM(CANON PowerShot S1 IS) (2)
VK50R(KIYOHARA KOUGAKU) (1)
SIGMA 35mm/1.4 DG Art,SIGMA SD14 (5)
放)SIGMA 18-50/3.5-5.6,FUJI FinePix S5pro (3)
SIGMA MINIZOOM 28-80mm/3.5-5.6 MACRO ASPHELICAL HF (2)
SIGNA UC ZOOM28-70/3.5-4.5 (5)
放)SIGMA UC ZOOM 70-210/4-5.6 (1)
SIGMA 30mm/1.4 EX DC HSM (2)
G.Zuiko 40mm/1.4(OLYMPUS PEN-F) (2)
TOSHIBA Allegretto PDR M60 (1)
SANYO DSC-MZ1 (5)
DG SUMMILUX 15mm/1.7, Panasonic LUMIX G8 (2)
Kenko fishi-eye 180° (1)
SIGMA SD1 merrill (1)
SIGMA SA-9+EF500 SUPER;+28-105/3.8-5.6 UC-III (1)
SIGMA 35mm/1.4 DG Art,SIGMA SA-9 ISO 100フィルム (1)
CASIO XV-3 (2)
J-Phone SH04 (1)
時限記事 (0)
SIGMA ZOOM UC III 28mm-105/3.8-5.6ASPH.IFとsdQH (1)
Carl Zeiss Vario-Sonnar7-28mm/2.8-4 SONY DSC-V1 (1)
SIGMA SD9 (12)
SIGMA 17-50mm/2.8EX HSM. (0)
SIGMA 17-50mm/2.8EX HSM,SIGMA sd quattro H (2)
Minolta SR-1s (2)
minolta SR-7(ROKKOR PF58mm/1.4) (1)
SIGMA30mm/1.4DC EX(SIGMA SD9) (5)
SIGMA30mm/1.4DC DN,Panasonic Lumix G8 (1)
SIGMA 30mm/1.4DG EX,SIGMA sd quattro H (1)
SIGMA SD9 ISO400編 (1)
SIGMA EF-630(Flash) (1)
フルサイズミラーレスの動きとシグマのありよう (1)
SIGMA組裏組員脱出記念 (1)
YONGNUO 50mm/1.8,CANON EOS digital初代黒 (5)
CANON EF-S 18-55mm/3.5-5.6 II ST,CANON EOS Kiss digital初代黒 (0)
TOSHIBA Allegretto PDR-M1 (3)
水準器不良について(Panasonic LUMIX G8) (1)
PETRI(1948年) (1)
Leica,Panasonic,SIGMA協業フルサイズミラーレス発表(フォトキナ2018) (1)
Nikon D50 (1)
YONGNUO YN35mm/2(Nikon D50) (1)
SONY dsc-S40,Carl Zeiss Vario-Tessar5.1-15.3mm/2.8-5.1 (1)
FUJICA ST-F道とHANIMEX REFLEX FLASH 35道 (15)
G.Zuiko Auto-S 40mm/1.4,Lumix G8 (1)
SELBY"ムサシ”TW-D (2)
修理品依頼品 (1)
資料 (1)
HANIMEX RF35d (1)
HEXANON38㎜2.8、KONICA C35EF(ピッカリコニカ) (1)
家庭、旅行、小市民的カメラとレンズの問題。 (1)
SIGMA16mm/1.4 DC DN(μ4/3 LUMIX G8) (2)
FUJINON 55mm/1.8(SIGMA sd quattro H) (1)
F.Zuiko 38mm/1.8(OLYMPUS PEN-F) (1)
ピッカリコニカに関して少~ぅし考えてみる。 (1)
KYOCERA S2(スマートフォン) (1)
Panasonic G 20mm/f1.7 ASPH II(LUMIX G8) (3)
LANTHAR 50mm/2.8 Vitorona,Voigtrander (1)
Rollei Lens 40mm/2.8(Rollei 35RF日東光学1981年) (1)
FUJICA STX2 (1)
FinePix F10(FUJIFILM,2005) (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード