う~つれ~ばい~いじゃ~ん!フィルムを無駄遣いして延命させよう

ただただフィルムを消費し、フィルム延命を願う。放)は放出済み。障)は故障

カメラ鬱、再来、、、

p80201307pianos.jpg
そろそろ亀鬱です。
普通によく写れば良いなぁ。。。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/26(金) 23:12:14|
  2. 放)CF Planar80mm/2.8(Hasselblad)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

長城DF-4の35㎜フィルムの使い方を間違えた。

gw35mmtorisetsu.jpg

中国語はなんとなくわかりそうな気がしてしまうから早とちりして前回の撮影を失敗した。
数字の0から1に行ってよさそうに書いてあるんだけどな。
スプールにはテープなどで貼り付けないといけない。
スプールの真ん中にしかスリットがない。

この状況で0にセットしても1まで送ってもまだ撮影できないでしょ、、、と思い4枚目まで送ったつもりであった。

結果は光が被っていてまだまだ送らないとダメダメであったのだが。。。

慣れてくると。。。
gw3.jpg

6,7,8,9が同じ位置になっている。
つまり、6~9枚目まではちょうど巻き上げノブを1週させる。
そして以後は1週より徐々に巻き上げノブの回転が狭める設定になっている。
っつ~ことは、、、
1~5までは1週させてからさらに次の番号に持っていかないといけなかったのですね!!!

それに取説を見てみると「0位」「3圏」と書いてある。
これは全くあてずっぽうだが0の位置で3回回せ!!
そのご1週以上させ1のところで止めろ!!

という意味だと、、、勝手に解釈することにしてみて、実験してみると、
コマの重なりもなさそうだし、1枚目にはちょうど光が被らずに済みそうな位置になる。
gw35mmjikken.jpg
1回目は2個の点、2回目は4個の点で印をつけてみる。
コマが重なることはなさそうだ。

35㎜判の鳳凰205などはきちんと写るから、当機で35㎜フィルムをもてあそぶのは意味がないのだけれど、当時はあれもできるこれもできる。。。そんなことでハクを付けたかったのではないかと思えてくる。


  1. 2013/07/14(日) 21:41:15|
  2. 長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

イルカショーを長城の試写にあててしまった駄目親父(7/14誤記訂正)

・・・(この写真や記事は当方の使用の誤りによりコマが重なっていることがわかりました。訂正いたします 2013.7.14)・・・
gw35mm-1s.jpg
(長城DF-4(Great Wall),長城90㎜/3.5,35㎜フィルムアダプター使用,ILFORD XP2使用)

長城DF-4(取説による)には35㎜フィルム用の付属品が付いていて、巻き上げノブの不思議な数列があり、そこををめがけて巻き上げノブを巻く。
どうもコマが重なっている(←当方が使用を間違えたため2013.7.14訂正)
しかしこれは機構上の問題ではない。
巻き止めにも何もなっていないのである。であるからこちらの試行錯誤が悪いのだ。
上海などの35㎜フィルムを使えばよかったのかもしれないが、カメラが上海の海鴎に対抗した北京の長城であるから、もっと相性が悪いかもしれない(フィルムの厚さなどによる誤差ではないだろうか)。(←誤記2013.7.14訂正)
gw3.jpg

1枚目には1で止め、次に2と書いてあるところを探し、次に3であるところを探し、4を探すと12と一緒になっていたりする。5と35が一緒、6,7,8,9が一緒、、、
慣れてくると大体このあたりだろうと察しがついてくる。

もんだいは、一番子供が興奮したイルカショーをまるまる長城の試写に使ってしまったことである。
他の場面はデジ1で動画を撮ってあるが、イルカショーのところは動画がない。
TVに写してみて「いるかはぁ~??」としきりに言うのである。
まぁ、京急の数少ない青い電車に乗れたのと、金沢八景からシーサイドライン(モノレール)では先頭に乗れて風景を堪能し、そこはばっちり動画で押さえてあるからまだ不満は少ないであろうが。

このカメラで撮った35㎜フィルムをスキャンして大きなサイズで見るのは酷である。
とうじ外人向けのお土産屋さんである友諠商店で売られていたものが後世にしこたま大野橋にされて語られることは思いもつかないだろう。
小さいサイズだと写っている感じがする。
もっとも巻き上げがきつくなってきたりでフィルムに傷がついていたりする。

反面、出品者が気にしていらした光線引きはない(少なくても裏紙付の120フィルムでは)。
35㎜で撮った最後のコマの真ん中にまん丸い光線漏れがあった。
このコマで数日止まっていたのでじわじわ漏れたのかもしれない。
赤窓と言えば聞こえはいいが、レモン色程度の薄黄色である。
gw35mm-2s.jpg


一応イルカショーの収穫である。
gw35mmiruka-1s.jpg
(↑これは当方のフィルム装填やフィルムガイドの見誤りによるものです2013.7.14誤記訂正)

gw35mmiruka-2s.jpg
(↑これは当方のフィルム装填やフィルムガイドの見誤りによるものです2013.7.14誤記訂正)

gw35mmiruka-3s.jpg
(↑これは当方のフィルム装填やフィルムガイドの見誤りによるものです2013.7.14誤記訂正)



このイルカショーは、購入している幼児用教材にも出てくるのである。
その教材を見てペンギンちゃんをみにいくのぉ~・・・などと言い出したのだと思う。
イルカショーの動画があれば、自分も同じところに来たのだという感動と実感があったのかもしれない。
それを犠牲にしての一世一代の賭けであった。

あまり漏光がないことが分かったのは収穫であった。
また、このカメラで35㎜をわざわざ撮らなくても良いということも収穫であり、それでも35㎜アダプターを持っているという、妙な、醜い満足感を持っている。

イルカショーはまた見に行きたがっているから、その時に動画を撮ろう。
その時に、また別なへんてこなカメラを試写しようなどと思わない限り。。。
  1. 2013/07/13(土) 21:04:06|
  2. 長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

長城DF-4(だと思います)フィーリングが好きなカメラ

gw1.jpg
6x6判2眼レフは好きであるけれど6x6一眼レフはなかなかいかつくて、しかしKIEVの横型の6シリーズやペンタコン6、等昔に手をだし、数年前に相場が暴落したハッセルやブロニカに手を出した。

なかなかそれぞれピント来たり来なかったり、、、

もちろん1眼レフであるから交換レンズの魅力はあるが、この際標準レンズを付けた時のフィーリングで構わない。
ブロニカのS2などは派手でちょっと嫌だなぁと思っていた。
しかし使ってみると、ブレにくいわ、標準のニッコールの針でけがいた洋な画や東京光学がゼンザノンとして供給した75㎜/2.8固くなりすぎない描写力は大変気に入っていた。

ハッセルは形は洗練されていていても、整備済みでない中古はババ掴みで、ピントが出にくくなっている。
また、フォーカシングスクリーンのピントの山が直感的につかみにくいものが多く、ブロニカに戻すと、何とピント合わせのしやすいカメラだろう!!とブロニカに対する愛情に変わり、西洋人というのはなんでこんなにオツムが弱いのだろうと思った。
ミノルタにアキュートマットを発注したのだが、ピントの山は見難い。
普通の標準スクリーンだと、放射線状のフレネルレンズのシマシマが濃く、かつ、完全に中心までシマシマが切ってい有るからデリケートなピント合わせに邪魔である。

そのてん驚異的な手間をかけたオプトファイバースクリーンは邪魔くさくはないのだが、スリガラスオンリーの古いカメラを使ったら馬鹿馬鹿しくなるほどピントが合わせやすいのだ。

さて、この長城は、スリガラスのみのスクリーンでピントが見やすく、ゆえに、絞り込んだ状態でもピントの山がつかめるために、自動絞りは要らないのである。
カメラ評論家の「ファインダーが暗い」「四隅では像が暗くなる」などというばかげた風評被害によりカメラメーカーはピントの山の見難いスクリーンを大枚かけて乱造し続けた。かくなる土壌の上にライカブームは到来したのである。

昭和24~25年のアサヒカメラに、米軍の高級軍人が東独のContax Sを入手し、記事を寄せたものを転載している。
夜間の室内においてもf22に絞ってもピント調節は容易である。。。
このような記述だ。
嘘だと思う人はContax SやD,ゼニットの初期のものなど、コンデンサーレンズの下側をスリガラスにしただけのモノで夜間室内でf22に絞って実験してみていただきたい。
これは難無く可能で容易であるのだ!!

長城はただのスリガラスであるから少しくらいが、絞り込んだままで撮影している。

撮影結果は少々低調であったのだが、これはハッセルに劣るというよりも、長城を買ったまま使用したからであろう。30年以上前のカメラで、調整なしで結果をどうこう言うことはできない。
ハッセルなども無調整のものは惨憺たる結果であり、今回の長城よりも悲惨な撮影結果となるのだ。
これは間違いのない事実である。

gw2.jpg
この表は実によろしい。
この通り撮っていて間違いがない。
季節によって露出を変えてあるので、フィルムの箱の露出データよりはるかに信頼ができるし、正確である。
これは誠に実感するところである。

gw3.jpg
フィルム巻き上げノブのところの不思議な数列は後ほど。。。

gw4.jpg
私のカメラはDF-4らしい。
セルフタイマーはないが、ホットシューはある。
両方コミコミなのがDF-5らしい。
基本形にDF-2という名を与えている以外は明快な説明である。

gw5.jpg
接写リングと大きな大きな接写台。
取説の裏の商品リストにも接写台は載っている。
↓↓↓
gw6.jpg
長城PF-1もリストに載っている。。。萌え~
おまけにリコースーパーショットのコピー機も現役で載っていますね。

6x4.5のマスクと35㎜マスクとアダプターが付いていました。
gw12.jpg
巻き上げノブの不思議な数列は、35㎜用の巻き上げのためのガイドでした。

gw13.jpg
怪しげなビニールレザーの部品が入っていたが、、、取説に35㎜フィルム撮影の際に人造革が云々。。。とある。
形は整っていないが、ひょっとしたら純正かッ!!??
それとも以前のユーザーが自作したものだろうか。。。
工作から見ると後者であるけれど、意外や意外純正だったらびっくりです。

ということで、本日はくそ暑い中、愚息がペンギンちゃんを見たいといい続けていたので、八景島シーパラダイスまで行った折に35㎜フィルムを詰めて撮影したが、巻き戻し機構が無いために暗室やダークバックの中でフィルムを取り出さなければならないため、帰りがけにDP屋さんに出すことはできなかった。近日の現像が楽しみである。

66で普通に撮ったものである。
実にフィーリングは気に入っている。gw7s.jpg
すべり台を滑るのを躊躇している。
この後滑ることの予想されるため、急いで赤窓を見てフィルムを送る。
赤窓と言いたいけれどレモン色程度の色しかついていないので、とにかく出来うる限り陰になるところで急いで巻く。
ミラーもセットして誤った絞り値も矯正。
カメラとのフィーリングが合わないとなかなか難しい。
ハッセルとフィーリングが合わず、長城とフィーリングが合うというのは、私自身の品格に由来するのかもしれない。
速やかにセットし終えたおかげで撮れた。
gw8s.jpg

昼でも薄暗い、創業40年の喫茶店の店内。
限界値の1/30、f3.5(ISO400)。
御夫婦で切り盛りしている横須賀市内の某店。
このフルーツサンドは誠に風味絶佳、熟したフルーツの味わい。
しかしこの味を知ってしまった愚息の先が思いやられる。
わたしは愚息の残した一切れをありがたく頂戴。
幸福に浸る。
gw10s.jpg

陸田三郎氏の「中国のクラシックカメラ事情」(朝日ソノラマ刊)には、1980年ころに、上海の海鴎の2眼レフが人気で需要を満たしきれていなかったため、海鴎の二眼の安い方(4B型・・・赤窓フィルム送りのセルフコッキングなし)の120元より安い100元を切る価格設定にしたという。
なんだか北京VS上海という構図を見る思いである。
  1. 2013/07/09(火) 23:48:19|
  2. 長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キヤノンオートボーイスーパー(1981)

as1.jpg
(これが一番ピントが合っている)
as2.jpg

このカメラとは縁を結びそびれた。
1979年ころ、簡単に撮るために出たばかりのキヤノンオートボーイを買おうあということになった。家族で駅前のカメラ屋に車で行ったことを覚えている
自動巻き上げとなり、キヤノン初のAFカメラで評判となり「オートボーイ」という言葉はおおよそ知られる名前となったのである。その証拠に加藤茶が、男子の急所に関するギャグでいかりや長介にダメだこりゃ。。。と言われた後「キヤノン男ボーイ」と言って締めたのである。
この時は4万円はゆうに超える売価だったので「買えないねぇ」と言ってカメラ屋から去った。
我が家に1眼レフは有ったのでカメラとしての緊急性はなく、親父に写真を撮るのを任せ続けることで解決した。

後に知ることとなるが、赤外線アクティブAFを搭載し、ピント制度が良くなったようだ。この後オートボーイはしばらくAFコンパクトの代名詞となる。
もっとも赤外線アクティブ式で自動巻き上げはCHINON 35F-Mの方が早い。しかもこちらは無段階AFという画期的な特質を持っていたのだが、こちらは有名にはならなかった。

1983年に新宿のヨドバシカメラの本店にAFコンパクトカメラを買いに行くこととなった。
今度は価格をリサーチ、家族で新宿にAFカメラを買うことを前提に出向いた。
デカくなる種類の子犬を飼ったのだ。
今度は親父だけに任せておくわけにいかない。母だってとりたいし、気軽にさっとシャッターチャンスを狙いたかった。

当然買えれば大口径のオートボーイスーパーが本命といったところだったが。。。
店員さんが勧めないのである。
「え、なんで。。。あ、古いの、、、?あ、そうですね、赤外線アクティブじゃないもんね、
お奨めはどれですか?。。。
えぇ~~ッ、リコー??、、、まさか。。。まさかまさか、きれいに撮れる??ああ、このレンズ5枚構成ですからね、細かいところまできれいに写るですって??、、、」なまじ5枚玉ということを聞いて納得してしまった。
83年というと私がはじめてカメラ年鑑を買った年で、隅々まで見尽くして、カメラの細かいスペックを暗記していた。
いまから思えばリコーのメーカーさん(メーカーから大手量販店に派遣されている手伝い要員)だったと思うのだが。

しかし、この店員さんの言うことはまんざらでもなく、新しく出たもので当時驚愕の高感度カラーフィルムとして強いインパクトがあったKodak VR 1000(ISO 1000)にいち早く対応したのがこのカメラだった。
オマケにデカかったAFコンパクト機を一気にスリム化している。

大口径レンズのオート―ボーイスーパーは当時のAF機能ではなかなか活かしきれないというのも説得力があった。
まぁおかげで、リコーのFF-3Dは使い倒した感がある。当時はリコーというと普及型メーカーという偏見があったけれど、このレンズはきちんとしたものだった。プラスチックの安っぽさも随分なくなっていた。

その後、わたしも学生アルバイトで京セラのメーカーさんとなり、あの時はリコーのメーカーさんにやられたなぁ~と思いが強くなった。
中古でオートボーイスーパーなど安くなった時に、箱入りで2000円という新品同様のものを買った。
私自身は大口径レンズというと暗いところで写すから当時のフォーカスステップの少ないころのカメラではさえない。結局その個体はすぐに手放した。この個体は83年発売のオートデート付で、Made in TAIWANとかいてある。
81年発売のオートデートなしのものはCanon JAPANと書いてある。
なんとなく良いような気がしてオートデートのないものを探していたが、うごいてもレンズが曇っていたりでなかなか良いものと出会わなかった。

まぁレンズを生かせない当時のAF機能ですが、とうじのEサイズなどでは十分見れただろう。
AFがしっかりしてくるのは90年代の声を聞いてからである。

今世紀に入り、リコーなどの作ったカメラのレンズが大変良いと再評価された。
ヨドバシカメラの店員さんのおかげで、結果的にピントの合ったところは大変良い画質の写真がとれていたのである。5枚玉は伊達ではなかった。
  1. 2013/07/03(水) 22:52:16|
  2. 放)CANON LENS 40mm/1.9(AF35ML)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

横須賀与太郎

Author:横須賀与太郎
別のHNをナンマイダー村井と申します。やはりフィルムカメラが好きです。
でじでもうんとお金かけるとフィルムより全然すごいですからお金持ちになったら宗旨替えするかも。
指揮者作曲家ピアノやヴァイオリン二胡教師。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フィルムカメラ撮影記録 (32)
放)Zeiss Ikon/Nokton 35/1.2 (4)
放)HEXAR RF (1)
放)BESSA-T (1)
ぼやき (7)
本日の仕入れ (7)
カメラ浮気履歴 (2)
放)BRONICA S2 (2)
放)Nikkor 135mm/3.5 旧Bronica (1)
放)MC Zenzanon 75mm/f2.8東京光学旧ブロニカ用 (5)
放)Nikkor P.C75mm/2.8(旧ブロニカ用) (2)
放)Nikkor H・C 75mm/2.8DX(旧ブロニカ用) (2)
放)MC Zenzanon 80mm/2.8 (Carl Zeiss Jena) (1)
放)Nikkor H 5cm/3.5(旧ブロニカ用) (2)
カメ欲について考える (7)
放)Zeiss Ikon(COSINA) (4)
放)Leica M4-P (0)
放)安原一式 (0)
放)MAMIYA PRESS (2)
放)Lumix G1/G VARIO 14-45mm (14)
放)HELIARClassic 50mm/f2(COSINA)/G1 (4)
放)Heliar 50mm/f3.5/LUMIX G1 (2)
放)NOKTON 35mm/1.2 (4)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2/G1 (7)
デジ (4)
放)JUPITER-3(50mm/1.5)/G1 (2)
1眼MFレンズ (1)
日本にライカは不要だった (1)
放)KONICA PRESS(6x7,HEXANON 58mm,180mm) (1)
放)M-HEXANON 90mmf2.8 (1)
放)Nikkor-N・C Auto 35mm/f1.4 (3)
放)Nikon F2 (3)
障捨)Nikon EM (2)
放)NIKKOR 55mm/1.2 (1)
放)ロシア、中国、東欧、赤色カメラ (1)
放)珠江 S-201 (1)
放)蛇腹スプリングカメラ (2)
古写真 (2)
SIGMA UC ZOOM 28-70mm/3.5-4.5 (4)
Canon EOS 100 QD (0)
プラカメ大好き (1)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2+HEXAR RF (2)
障)RICOH MIRAI (1)
Yashica-mat Lumaxar 80mm/3.5 (3)
放)Bolsey C22 (4)
LUMIX GH1(Panasonic) (0)
PENTAX ES (2)
障&捨)SR素子FinePix F700,710 (4)
放)SIGMA zoom-ε28-70/3.5-4.5 (1)
放)M-HEXANON 35mm/2 (1)
放)HEXANON 52mm/1.4 (2)
Panasonic Lumix GH1 (2)
放)CF Planar80mm/2.8(Hasselblad) (4)
放)国産Summar (2)
放)FED-4a (1)
Color Lanthar42mm/2.8 Voigtlander (1)
Triotar 40mm/3.5(Carl Zeiss)Rollei C35 (1)
放)SUPER ROKKOR 5cm/1.8 (2)
放)AUTO ROKKOR PF 58mm/1.4 (3)
放)Geronar 150mm/6.3(Rodenstock) (1)
Leica 0型(復刻) (4)
放)面白レンズ工房(Nikon) (1)
嫌中運動 (1)
OLYMPUS Camedia C2040Zoom (1)
LUMIX GH1 20mm/f1.7(Panasonic) (6)
SEKOR 150mm/4 SF(MAMIYA RB67) (2)
KL90mm/3.5 MAMIYA RB67 (1)
RB67 KL127mm/3.5 (1)
放)Kiron 28-210mm (1)
放)Zenzanon 100mm/2.8 東京光学 (1)
Takmar 58mm/f2(初代PENTAX AP用) (1)
放)KL140mm/4.5Macro(MAMIYA RB67) (1)
放)COSINA 100mm/3.5 Macro (2)
放)SEKOR C 50mm/4.5(MAMIYA RB67) (1)
RB67用SEKOR100-200mZoom(MAMIYA) (3)
KL75mm/3.5(MAMIYA RB67用) (2)
放)HEXANON AR 50mm/1.7 (1)
放)SMC TAKUMAR 90mm/2.8LS (2)
放)T-22(Lubitel 166)LOMO (3)
放)C Planar80mm/2.8 T*(Hasselblad) (5)
放)C Planar80mm/2.8(6枚玉 Hasselblad) (1)
放)Arsat 80mm/2.8(KIEV 6Cソ連中判) (1)
放)Agnar 85mm/4.5(Agfa Isolette I) (1)
Hexanon48mm/2 Konica IIIA (2)
放)Nikkor 50mmO.C/2.8 旧ブロニカ用 (1)
放)Distagon 60mm/3.5 CF(HASSELBLAD 500CM) (3)
S-111-2 75mm/3.5(海鴎203-1) (1)
放)HEXANON 58mm/5.6 Konica Press,Koni-Ome (6)
放)HEXANON 90mm/3.5Konica Press,Koni-Ome (3)
放)HEXANON 180mm/4.5Konica Press,Koni-Ome (4)
放)Achromat 80mm/8(DACORA DIGNA) (1)
放)SMC TAKUMAR 75mm/4.5(PENTAX 6x7) (1)
Zenit 212K(MC HELIOS-44K-4 58m/2) (1)
放)Planar CB80mm/2.8(Hassel 500C/M) (2)
放)Triplet-22,Lubitel 166+(lomography) (3)
SEKOR5cm/2.8(MAMIYA35II) (1)
放)SMC TAKUMAR 55mm/3.5(PENTAX6x7) (1)
放)Color Sygmar 50mm/3.5(Windsor35東興写真) (1)
放)ぎょぎょっと20(対角魚眼3枚玉Nikonおもしろレンズ工房) (1)
放)SMC TAKMAR 135mm/4 Macro(PENTAX 6x7) (1)
魅惑の2焦点カメラ (1)
Takumar50mm/3.5(Asahi flex IA) (8)
放)YAHINON80㎜/3.5(YASHICA Mat 124G) (3)
放)Petri PF-ZOOM (1)
放)PENTAX ESPIO 928(28-90mm) (1)
放)INDUSTAR61L/Z(50mm/2.8) (1)
XR RIKENON 50mm/2 (1)
放)W.ROKKOR-QE35mm/4 (1)
放)PENTAX67用AF400Tブラケット (1)
COLOR LANTHAR42mm/2.8(Vitessa500L /Zeiss Ikon Voigtlander) (1)
放)長城PF-1(中華) (2)
FUJI CARDIA mini ELITE op (0)
放)COSINA CMSシャッターダイヤル電動で回す。 (2)
Kodak RETINA S1(Germany) (4)
PENTAXLENS 34mm/3.8(Pino J) (1)
FUJINON 40mm/2.8(FUJICA ST-F) (2)
放)CANON LENS 40mm/1.9(AF35ML) (1)
長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL (3)
放)VIVITAR TW35(フォーカルプレーンシャッタープラカメ) (2)
spinner 360° (3)
出棺・遺影・生前写真 御供養場 (4)
放)YASHICA LENS 38mm/2.8(YAHICA SNAP) (2)
その他ジャンク (3)
仕方なく携帯で (1)
放)HOLGA 120 TLR (1)
Solitar40mm/2.8青島-6(qingdao) (1)
浮気というより本気 (1)
HANIMEX35 FLASH reflex (3)
SONY PC1(バリオ・ゾナー)DV (1)
GOKO MacromaX FR-350 (2)
放)PENTAX ZOOM 70 (1)
放)MINOLTA AF-S初期型 (1)
G VARIO 14-140/f4-5.8 (3)
EOS100+430EZ (1)
Nikon F50+SIGMA28-80 D/3.5-5.6 MACRO非球面 (2)
AUTO BELLOWS RKKOR100mm/4 三枚玉(minolta) (2)
K/L 65m/f4(MAMIYA RB67) (1)
K/L150mm/3.5 L(MAMIYA RB67) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード