う~つれ~ばい~いじゃ~ん!フィルムを無駄遣いして延命させよう

ただただフィルムを消費し、フィルム延命を願う。放)は放出済み。障)は故障

本当に使いやすいカメラだなぁ(MAMIYA 35II)伯父の遺品

m35.jpg

これは伯父の遺品である。
1980年前後だったが私が子供のころ、私がカメラが好きなガキだと分かった時に伯母が物置になっていた部屋に行き古いカメラを見せてくれた。
なんか懐かしそうに「これでおばちゃんのことを撮ってたのよ。。。」と懐かしそうに、ちょっと恥ずかしそうに言っていた。いとこから送ってきたときの記事は↓こちら。
http://yotarouyokosuka.blog92.fc2.com/blog-entry-106.html
MAMIYA 35だ。
このころ1978年に出版されたクラシックカメラ専科の第一刊を読んでいて、戦後すぐに出た、マミヤ6のトップカバーを流用したHEXAR付のマミヤ35がきわめて珍品だということを読んでいて、いま目の前にあるものが珍品のではなくて一般的なやつだなと思ったことを覚えている。

しかしその外観はなんかいい感じだなぁ~ と思ったのも覚えている。
革のストラップにフードケースまでついていて、実に丁寧に、そして実用されつくした感じに見えた。
レンズのカビも表面だけだったし、ファインダーのカビの接眼部の内側だけのようです。
しかし巻き上げやシャッターが全然だめで、動かない。
大切なカメラだから修理屋さんに頼もうと思って数年経った。

今年コニカプレスの標準レンズのシャッター羽根の張り付きを取るのにダメモトでやったベンジンの処置が功を奏し薬局に買いに行ったベンジンもしこたま残っていたので、これもダメもとでやってみることにした。
なぜかこのカメラはビハインドシャッターで、レンズの先端をねじるとレンズと絞りが丸ごとポロッと取れて、シャッターだけ顔を出す。
シャッターは空いたままだったのでぽっかりと穴が開いた状態でした。
隙間からベンジンを流し込んでみると。。。ゆっくりと羽根が閉じたのだ。
しばらく拭いてあっさり治った。

このカメラは手への収まりがよく、非常に使っていて気持ちが良い。
Nikon EMと底の形と大きさがまったく同じである。

使いやすいカメラだからホイホイ撮ったが気楽に撮りすぎてダメダメショットばかりであった。

スキャナーが壊れ、インストアラボの写真屋さんにCD化してもらうほかなくなってしまった。
ブローニーで撮ったものは撮影はするがアップはできなくなってしまいました。
新しいスキャナーを早く帰るように頑張ります。。。というか無駄遣いをしないようにしないと。。。
今回もC41処理のモノクロフィルムをパレットプラザでCD化してもらったものであります。
m35-1.jpg
MAMIYA 35II,MAMIYA-SEKOR 5cm/2.8,ILFORD XP2Super使用
スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/28(日) 22:35:00|
  2. SEKOR5cm/2.8(MAMIYA35II)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

3億円当たらないと買えないカメラ(Lubitel 166+)

l-1.jpg
↑右は1993年製のLUBITEL 166 UNIVERSAL。
左は数年前から再発売?旧レニングラードのLOMOではないLOMOGRAPHYというところが企画したLubitel 166+です。
両者ともジャンク品とのことで¥3.000でした。

1番の相違点は一番最後の方ですので最後の方をご覧くださいませ。

右の本物?の方は数年前蒲田のカメラ屋さんで購入して今年復活したものです。
http://yotarouyokosuka.blog92.fc2.com/blog-category-84.html
↑左の●物の方は9月に武蔵の国に越境した時に中野村のガラクタ館においてありました。こちらも¥3.000なり。

もう持っているからいいもんね。。。と一瞬だけ思ったがすぐ手を出した。
166+は余計なものも随分付加されたが、改良?と思しきものもあった。
しかし新品だと¥35.000程度と大変高価であり、この値段だとマミヤのC330だのいろいろと良いフィルムカメラの中古がしっかり何台も買えてしまう。

であるから宝くじで3億円くらい当たらないと買う気になれないカメラであった。
しかし興味津々であった。最初から35㎜フィルムが使えるようになったなどというのはどうでもよいことだったけれど。

本体の良くなったところのみ列挙します。


l-4.jpg
ホットシューが付きました。特にどうということはないのですが悪い変更ではありません。
35㎜フィルム使用を可能とするために、空き戻しクランクがついています。
パーフォレーションのところまで写る35㎜パノラマ叶とのことでしたが、これはロモグラフィーの広告を見てアレルギー反応を起こしました。

しかし、意外な効用がありました。
ブローニーフィルム、特に2ガンレフなどの直角にフィルムが折れ曲がっているタイプはフィルムの平面性が悪いとく、巻き上げたてはダメ、30秒くらいたった方が良くって(と言われているみたいなんですが)、巻き上げてからしばらく経ってしまってはまたダメ。。。確かにローライレフなどでも平面性の悪さからくるピンボケなどありましたし、ほかのカメラでも1列目と3列目にピントが合っていて2列目はピンボケ、、、なんて言う症状が出たりもしました。
ブローニーフィルムを詰めた時に、このフィルム巻き戻しクランクを使って弛みを取ってから撮影すればよいと思い立ち、先に巻き上げておいて撮る寸前に緩み取り、撮影。。。とリズムが決まり、フィルム1本目からフィルムのカラ送りや2重写しがありませんでした。


l-5.jpg
↑左の●物の方には本家LOMOからかつて出ていたスメナ8Mなどについていたお天気マークがついています。
お天気マークでシャッタースピードが変わり、フィルム感度は絞りで行うというシステムですが、スメナ8Mの方には絞り目盛にフィルム感度が書いてありますが、こちらには書いてありません。ちょっとパチモンっぽいですね。
たぶん8と11の間に点が打ってありますからそこに合わせた時にISO 100ということなんでしょう。


l-7.jpgは中国製になっています。下にはLOMOGRAPHY.COMと書いてありますね。
これは別にどこ製でもよいのですが露亀と思っていたものが中亀だった。。。ってちょっと拍子抜けですが、逆に品質は良くなっています。現代の中国ですから。


l-8.jpg
ルーペのついている位置が違います。また支柱部分が太くなっています。付いている位置の違いは使い勝手に大きな影響があります。本物の方はピントフードの前側の板(スポーツファインダーを使うときに倒す板です)に付いていますが、再発の中国製の方は枠の方についています。

↓もっとわかりやすく
l-9.jpg
このソ連製の方はピントフードの前河の板に頼りない支柱でくっついていて、ピントルーペを使いたいときはピントフードに指を突っ込んで爪をルーペの支柱の突起に引っ掛けて起こさなくてはなりません。

↓再発の中国製の方は枠の方についているので、前側の板を押せばピントルーペは起き上がります。
l-10.jpg
これは良い改良点というか、普通になりました。


l-6.jpg
露出早見表が付いたことは良いことです。赤窓のところに変なものが付いていますが、これは35㎜フィルムを使うときに感光しないためのゴム製の蓋で、赤窓の方にずらしてハメて使用します。


しかし最大の違いは166+の方は2眼レフで、ソ連製の古い方はフォーカシングブリリアント方式な点です。
ソ連製の方は最大限拡大解釈したばあい、ピント合わせのアシスト機能が付いたBOXカメラとも解釈できる点です。

これがLUBITELにとって良い点かどうかというのは。。。


Voigtlander社のブリリアントというカメラは当時の流行の2眼レフ風の大きなピントフードのついた反射ファインダーを搭載しただけで、見た目が2眼レフであるというだけです。ふつうのBOXカメラより良いレンズが付いていて、目測式ながらフォーカシングはできます。
その発展型のフォーカシングブリリアントは、反射ファインダーのコンデンサーレンズの真ん中の実をスリガラスにして、上下のレンズをギアで噛み合わせて連動させ、ファインダーの真ん中のみでピントが確認できるというものです。

もともとが反射ファインダーのみでしたから上のビューレンズは明るい光景の大きいものが採用されていました。
しかもそのレンズはコストダウンのために単レンズです。

フォーカシングブリリアント型になってもこのビューレンズの特徴は引き継がれました。
それが再発の中国製の166+ではテイクレンズと同様の口径を持ち、おそらく同等のレンズであると思われます。
また、通常のフォーカシングスクリーンとなり、周辺までマット面、中心部にはマイクロプリズムとスプリットイメージになっています。
それを如実に表していることは。。。

フォーカシングブリリアント型の場合は、テイクレンズは単レンズのため通常にレンズを前後して焦点調節をしますが、テイクレンズは3群3枚レンズでギアかみ合わせのレンズですから前玉回転式になっています。

前玉回転式とはレンズの間隔を変え焦点距離を変え、後群のレンズを動かすことなく固定した状態でフォーカシングする方式です。この場合、繰り出し量は少なくて済みます。

つまり上下レンズで繰り出し量が違います。
それゆえか、またビューレンズの質が上がったからか、可能になったことがあります。


↓ソ連製の古い方の無限遠の状態
l-11.jpg

↓ソ連製の古い方の最短距離1.3mよりちょい手前の状態
l-12.jpg
上下レンズの繰り出し量が違うのがよくわかります。


↓中国製の再発の方の最短距離0.8mよりちょい手前の状態
l-13.jpg
↓中国製の再発の方の無限遠の状態
l-14.jpg
上下レンズの繰り出し量が一緒なのがよくわかります。

繰り出し量を大きくしなければならなかったり、ひょっとして単レンズの性能故近接に撮影に向かず、1.3mどまりになっていたのでしょう。
再発の中国製の方は0.8mリあとちょっとだけ寄れます。
0.8mというとぐっと実用性は増しますね。

またゾーンフォーカス的な使い方をしやすいために最短0.8m、1.5m、3m、∞にクリックが入っているのですが、最短は目測などでは難しいでしょうからクリックは廃し、代わりに遠距離のものを足した方が良いと思われます。


↓ソ連製の古い方にはクリックはありませんが8mのちょっと遠くの所に点が打ってあります。
l-15.jpgおそらくここに距離を合わせ、絞り値の8と11の間の点に合わせておいて、天気によってシャッタースピードを変えるだけ、おおよそ戸外ではそれなりに移る写真が撮れるという塩梅なのでしょう。この知恵は166+にも生かしてほしかったように思います。。。



↓フォーカシングフードが外れます。ロモグラフィーのHPには新たなアクササリーを開発中で「ファインダー系のなんらかの拡張を狙っているという記述がありますが、このご時世それは実現するのでしょいうか。

むしろ現在においては、フォーカシングスクリーンの上に透明なプラ版に、アダプターやルビキンを付けた場合の視野範囲が記されたものをスクリーンの上にはめ込んでフォーカシングフードを取り付けると塩梅は良い。
l-17.jpg


ふぃつむ質の内面反射防止などは丁寧になされている。
光線漏れなどもない。

さて、LUBITELが2眼レフ化した場合それは確実にきちんと撮れるカメラになっていて、もともとLUBITELの持っていたチープさしっかり再現させ等としているように思います。
その中で苦情が出ないようにきちんと作られることもあるます。

軽く、チープ差を保存しながら、製品は良くなっています。
あっけなくちゃんとうつります。

ソ連製時代のものは、どこをどうやって目張りをしても光線漏れするなんて不思議なのがたくさんありました。

問題は、そのようによくなった、、2眼レフ化した166+はモハヤルビテルデハナイ。。。。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/27(土) 01:27:38|
  2. 放)Triplet-22,Lubitel 166+(lomography)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

保険としてのメインカメラ

P1100041.jpg
Panasonic GH1,20mm/1.7

当ブログには僅かしか登場しておりませんが、動画も撮れますし、フルオートだし、20㎜1.7付ですと小さく持った時のバランスも良く、液晶画面があらゆる方向に向くので間違いなく撮りたいときにはこのカメラです。
というか、カラーと動画は必ずこのカメラです。

昨日、カミさんが久しぶりに友達と食事をするというので留守番をしておりました。
2歳半の愚息が「おちゃんぽいくのぉ~~」と言い出したので、大好きな「けーきゅ~」に乗りに行きました。
バスに乗って、京急で1駅だけ乗り、散歩をしようかと思いましたら改札に戻りたいと私の手を引き、また一駅戻りしばらく赤い電車を眺めておりました。

P1100042.jpg


手を離すことはできないのでなかなか写真を撮れません。
こんな時にフリーアングルの液晶画面は重宝いたします。


P1100043.jpg
手には大好きな京急2100型のプラレールの真ん中の車両を持っております。
(京急汐入駅ホーム・・・横須賀軍港の前の駅です)
  1. 2012/10/23(火) 00:28:01|
  2. LUMIX GH1 20mm/f1.7(Panasonic)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Author:横須賀与太郎
別のHNをナンマイダー村井と申します。やはりフィルムカメラが好きです。
でじでもうんとお金かけるとフィルムより全然すごいですからお金持ちになったら宗旨替えするかも。
指揮者作曲家ピアノやヴァイオリン二胡教師。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フィルムカメラ撮影記録 (32)
放)Zeiss Ikon/Nokton 35/1.2 (4)
放)HEXAR RF (1)
放)BESSA-T (1)
ぼやき (7)
本日の仕入れ (7)
カメラ浮気履歴 (2)
放)BRONICA S2 (2)
放)Nikkor 135mm/3.5 旧Bronica (1)
放)MC Zenzanon 75mm/f2.8東京光学旧ブロニカ用 (5)
放)Nikkor P.C75mm/2.8(旧ブロニカ用) (2)
放)Nikkor H・C 75mm/2.8DX(旧ブロニカ用) (2)
放)MC Zenzanon 80mm/2.8 (Carl Zeiss Jena) (1)
放)Nikkor H 5cm/3.5(旧ブロニカ用) (2)
カメ欲について考える (6)
放)Zeiss Ikon(COSINA) (4)
放)Leica M4-P (0)
放)安原一式 (0)
放)MAMIYA PRESS (2)
放)Lumix G1/G VARIO 14-45mm (14)
放)HELIARClassic 50mm/f2(COSINA)/G1 (4)
放)Heliar 50mm/f3.5/LUMIX G1 (2)
放)NOKTON 35mm/1.2 (4)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2/G1 (7)
デジ (4)
放)JUPITER-3(50mm/1.5)/G1 (2)
1眼MFレンズ (1)
日本にライカは不要だった (1)
放)KONICA PRESS(6x7,HEXANON 58mm,180mm) (1)
放)M-HEXANON 90mmf2.8 (1)
Nikkor-N・C Auto 35mm/f1.4 (3)
Nikon F2 (3)
障)Nikon EM (2)
NIKKOR 55mm/1.2 (1)
ロシア、中国、東欧、赤色カメラ (1)
放)珠江 S-201 (1)
蛇腹スプリングカメラ (2)
古写真 (2)
SIGMA UC ZOOM 28-70mm/3.5-4.5 (4)
Canon EOS 100 QD (0)
プラカメ大好き (1)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2+HEXAR RF (2)
障)RICOH MIRAI (1)
Yashica-mat Lumaxar 80mm/3.5 (3)
放)Bolsey C22 (4)
LUMIX GH1(Panasonic) (0)
PENTAX ES (2)
障&捨)SR素子FinePix F700,710 (4)
放)SIGMA zoom-ε28-70/3.5-4.5 (1)
放)M-HEXANON 35mm/2 (1)
放)HEXANON 52mm/1.4 (2)
Panasonic Lumix GH1 (2)
放)CF Planar80mm/2.8(Hasselblad) (4)
放)国産Summar (2)
放)FED-4a (1)
Color Lanthar42mm/2.8 Voigtlander (1)
Triotar 40mm/3.5(Carl Zeiss)Rollei C35 (1)
放)SUPER ROKKOR 5cm/1.8 (2)
放)AUTO ROKKOR PF 58mm/1.4 (3)
放)Geronar 150mm/6.3(Rodenstock) (1)
Leica 0型(復刻) (4)
面白レンズ工房(Nikon) (1)
嫌中運動 (1)
OLYMPUS Camedia C2040Zoom (1)
LUMIX GH1 20mm/f1.7(Panasonic) (4)
SEKOR 150mm/4 SF(MAMIYA RB67) (2)
KL90mm/3.5 MAMIYA RB67 (1)
RB67 KL127mm/3.5 (1)
放)Kiron 28-210mm (1)
放)Zenzanon 100mm/2.8 東京光学 (1)
Takmar 58mm/f2(初代PENTAX AP用) (1)
放)KL140mm/4.5Macro(MAMIYA RB67) (1)
放)COSINA 100mm/3.5 Macro (2)
放)SEKOR C 50mm/4.5(MAMIYA RB67) (1)
放)RB67用SEKOR100-200mZoom(MAMIYA) (2)
KL75mm/3.5(MAMIYA RB67用) (2)
HEXANON AR 50mm/1.7 (1)
放)SMC TAKUMAR 90mm/2.8LS (2)
T-22(Lubitel 166)LOMO (3)
放)C Planar80mm/2.8 T*(Hasselblad) (5)
放)C Planar80mm/2.8(6枚玉 Hasselblad) (1)
放)Arsat 80mm/2.8(KIEV 6Cソ連中判) (1)
Agnar 85mm/4.5(Agfa Isolette I) (1)
Hexanon48mm/2 Konica IIIA (2)
放)Nikkor 50mmO.C/2.8 旧ブロニカ用 (1)
放)Distagon 60mm/3.5 CF(HASSELBLAD 500CM) (3)
S-111-2 75mm/3.5(海鴎203-1) (1)
放)HEXANON 58mm/5.6 Konica Press,Koni-Ome (6)
放)HEXANON 90mm/3.5Konica Press,Koni-Ome (3)
放)HEXANON 180mm/4.5Konica Press,Koni-Ome (4)
Achromat 80mm/8(DACORA DIGNA) (1)
放)SMC TAKUMAR 75mm/4.5(PENTAX 6x7) (1)
Zenit 212K(MC HELIOS-44K-4 58m/2) (1)
放)Planar CB80mm/2.8(Hassel 500C/M) (2)
放)Triplet-22,Lubitel 166+(lomography) (3)
SEKOR5cm/2.8(MAMIYA35II) (1)
放)SMC TAKUMAR 55mm/3.5(PENTAX6x7) (1)
放9」Color Sygmar 50mm/3.5(Windsor35東興写真) (1)
ぎょぎょっと20(対角魚眼3枚玉Nikonおもしろレンズ工房) (1)
放)SMC TAKMAR 135mm/4 Macro(PENTAX 6x7) (1)
魅惑の2焦点カメラ (1)
Takumar50mm/3.5(Asahi flex IA) (8)
YASHICA Mat 124G (2)
放)Petri PF-ZOOM (1)
PENTAX ESPIO 928(28-90mm) (1)
放)INDUSTAR61L/Z(50mm/2.8) (1)
XR RIKENON 50mm/2 (1)
放)W.ROKKOR-QE35mm/4 (1)
放)PENTAX67用AF400Tブラケット (1)
COLOR LANTHAR42mm/2.8(Vitessa500L /Zeiss Ikon Voigtlander) (1)
長城PF-1(中華) (2)
FUJI CARDIA mini ELITE op (0)
放)COSINA CMSシャッターダイヤル電動で回す。 (2)
Kodak RETINA S1(Germany) (4)
PENTAXLENS 34mm/3.8(Pino J) (1)
FUJINON 40mm/2.8(FUJICA ST-F) (2)
放)CANON LENS 40mm/1.9(AF35ML) (1)
長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL (3)
放)VIVITAR TW35(フォーカルプレーンシャッタープラカメ) (2)
spinner 360° (3)
出棺・遺影・生前写真 御供養場 (4)
YASHICA LENS 38mm/2.8(YAHICA SNAP) (2)
その他ジャンク (3)
仕方なく携帯で (1)
HOLGA 120 TLR (1)
Solitar40mm/2.8青島-6(qingdao) (1)
浮気というより本気 (1)
HANIMEX35 FLASH reflex (3)
SONY PC1(バリオ・ゾナー)DV (1)
GOKO MacromaX FR-350 (2)
PENTAX ZOOM 70 (1)
MINOLTA AF-S初期型 (1)
G VARIO 14-140/f4-5.8 (2)
EOS100+430EZ (1)
Nikon F50+SIGMA28-80/3.5~5.6macro ASPHERICAL (1)
AUTO BELLOWS RKKOR(minolta) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード