う~つれ~ばい~いじゃ~ん!フィルムを無駄遣いして延命させよう

ただただフィルムを消費し、フィルム延命を願う。放)は放出済み。障)は故障

切符を買うたびに背筋が寒くなります。。。千葉駅

海鴎203-1s
海鴎203-1(SEAGULL 203-1),S-111-2 75mm/3.5,TX,6x4.5で撮影。

随分長いことこの看板は出ている。内容のショッキングさとともにずっとそこにあり続けることがショッキングである。

周辺が流れてトイカメラのように見えるが、単純にアウトフォーカスのクセがそう見えるのだろうと思う。
したが前ボケ、上が後ボケといった感じに。

このカメラは以前何度か撮影しており、周辺がトイカメラのように流れるレンズではない。
レンズの組み違いか?と思ったが。。。
海鴎203-1-2s
↑こちらは普通。同じフィルム、同じ日(もちろんカメラも同じ)であるから、やはり最短距離に近い時のアウトフォーカスで、特徴が目立つ被写体であったのであろうと思う。

シャープネスや切れがあるレンズではないが(ここらへんが2眼レフの海鴎レンズであるSA-75などとは違う所だ)、逆に,上の看板の写真の真ん中の行の「何かを見・・・」位のところがこんなにスパッとでるとは思わなかった。
目測式の紅梅HM-1のレンズはなかなか評判が良くたまにカメラ好きな方のブログやHPに出てくる。
紅梅のレンズより当レンズは絞ってもゆる~い感じ、穏やかな感じ、パリッとしない感じであるように思う。

海鴎203は203と203-1があり、203は巻き上げレバーも金属でれ、巻き上げレバーを止めるネジも梨地になっているが、203-1の巻き上げレバーは黒いテカテカのレバーで止め具もテラテラぴかぴかな銀色である。

軍艦部のメッキなども203-1の方がテカテカしていて、203の方が落ち着きのあるやや仕上げの良い感じがする。
203は巻き上げレバーとは反対側に、露出早見表になっているダイヤルが付いていて、全体としてクラカメな感じだが、203-1はその部分がホットシューになっていて、黒いプラ製テカテカレバーとあいまって、スプリングカメラなのになんかハンパに新しい印象を与える。まァそのミスマッチが魅力でもあり、飲み会などの記念写真カメラとしてはホットシューに小型ストロボを差して撮影し「なにそのカメラぁ~ かわいぃ~~!!」なんて話題作りになる。。。と思って以前買ったが、飲み会には1度も出動していない。

今回使った203-1は、レバーや止め具は203の金属、梨地仕上げの物で、軍艦部のメッキ仕上げも並みの203-1よりやや落ち着いて見える。端境期のものか、後に付け替えられた物かは分からないが203-1に203の軍幹部や部品を2個1、もしくは203ベースに203-1の部品を2個1したのかとも思ったが、先日数台あるそれぞれのジャンクをバラシテ、軍幹部をボディーに固定する位置も違えばボディーと軍幹部の入れ替えは出来ない構造だった(もちろん巻き上げレバーは互換性があるからレバーだけ取り替えた可能性はもちろんある)。

203-1はカンタンに軍艦部のカバーは外れる。
203-1は。。。FED-4のように露出計のダイヤルは軍幹部のトップカバーについていて、軍幹部を外すのには関係ない構造。。。であってほしかった!!!!

露出早見表ダイヤルの下にさらに軍幹部を本体に止めてあるネジがあるから、ダイヤルは必ずとらなければいけない。止めネジはカニ目で外れるが止めネジをねじ込む棒(ダイヤルの心棒)は割りピン状になっていて外側に反り、ダイヤルは力技で無ければ外れない。ちょうど止め具がねじ込まれていた部分は二つに割れていて外側に沿っている。そんな所にネジを切ったのだ。止めネジがねじ込まれていた所をペンチでぎゅっと締めて反りをなくしてからでないとダイヤルは取れず、軍艦部を止める最後の1本のネジは外せない。
今度組み立てる時に、ダイヤルなどをはめて、とめネジはそのままではねじ込めず、また割りピンの如く外側にそらせないとダイヤルは止まらないが、反らし加減を全く元通りにするには素人がラジオペンチでやるのは難しく、トライしてみたが、止めネジはうまく最後までねじ込めない状態になってしまっていた。

中国のカメラは分解したら二度と組み立てられない。。。なんて悪口を言われたのは当機であろうか。

やはり203-1の方がホットシューで使い出があるだけでなく、分解しにくい軍艦部のダイヤルの問題が無いのでメインテナンスもし易かっただろう。

当機は203シリーズには珍しく動態保存で、スローシャッターも、セルフタイマーも、問題なく動いているのは大変驚異的だ。
スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/03(火) 04:23:30|
  2. S-111-2 75mm/3.5(海鴎203-1)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

横須賀与太郎

Author:横須賀与太郎
別のHNをナンマイダー村井と申します。やはりフィルムカメラが好きです。
でじでもうんとお金かけるとフィルムより全然すごいですからお金持ちになったら宗旨替えするかも。
指揮者作曲家ピアノやヴァイオリン二胡教師。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フィルムカメラ撮影記録 (32)
放)Zeiss Ikon/Nokton 35/1.2 (4)
放)HEXAR RF (1)
放)BESSA-T (1)
ぼやき (7)
本日の仕入れ (7)
カメラ浮気履歴 (2)
放)BRONICA S2 (2)
放)Nikkor 135mm/3.5 旧Bronica (1)
放)MC Zenzanon 75mm/f2.8東京光学旧ブロニカ用 (5)
放)Nikkor P.C75mm/2.8(旧ブロニカ用) (2)
放)Nikkor H・C 75mm/2.8DX(旧ブロニカ用) (2)
放)MC Zenzanon 80mm/2.8 (Carl Zeiss Jena) (1)
放)Nikkor H 5cm/3.5(旧ブロニカ用) (2)
カメ欲について考える (7)
放)Zeiss Ikon(COSINA) (4)
放)Leica M4-P (0)
放)安原一式 (0)
放)MAMIYA PRESS (2)
放)Lumix G1/G VARIO 14-45mm (14)
放)HELIARClassic 50mm/f2(COSINA)/G1 (4)
放)Heliar 50mm/f3.5/LUMIX G1 (2)
放)NOKTON 35mm/1.2 (4)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2/G1 (7)
デジ (4)
放)JUPITER-3(50mm/1.5)/G1 (2)
1眼MFレンズ (1)
日本にライカは不要だった (1)
放)KONICA PRESS(6x7,HEXANON 58mm,180mm) (1)
放)M-HEXANON 90mmf2.8 (1)
放)Nikkor-N・C Auto 35mm/f1.4 (3)
放)Nikon F2 (3)
障捨)Nikon EM (2)
放)NIKKOR 55mm/1.2 (1)
放)ロシア、中国、東欧、赤色カメラ (1)
放)珠江 S-201 (1)
放)蛇腹スプリングカメラ (2)
古写真 (2)
SIGMA UC ZOOM 28-70mm/3.5-4.5 (4)
Canon EOS 100 QD (0)
プラカメ大好き (1)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2+HEXAR RF (2)
障)RICOH MIRAI (1)
Yashica-mat Lumaxar 80mm/3.5 (3)
放)Bolsey C22 (4)
LUMIX GH1(Panasonic) (0)
PENTAX ES (2)
障&捨)SR素子FinePix F700,710 (4)
放)SIGMA zoom-ε28-70/3.5-4.5 (1)
放)M-HEXANON 35mm/2 (1)
放)HEXANON 52mm/1.4 (2)
Panasonic Lumix GH1 (2)
放)CF Planar80mm/2.8(Hasselblad) (4)
放)国産Summar (2)
放)FED-4a (1)
Color Lanthar42mm/2.8 Voigtlander (1)
Triotar 40mm/3.5(Carl Zeiss)Rollei C35 (1)
放)SUPER ROKKOR 5cm/1.8 (2)
放)AUTO ROKKOR PF 58mm/1.4 (3)
放)Geronar 150mm/6.3(Rodenstock) (1)
Leica 0型(復刻) (4)
放)面白レンズ工房(Nikon) (1)
嫌中運動 (1)
OLYMPUS Camedia C2040Zoom (1)
LUMIX GH1 20mm/f1.7(Panasonic) (7)
SEKOR 150mm/4 SF(MAMIYA RB67) (2)
KL90mm/3.5 MAMIYA RB67 (1)
RB67 KL127mm/3.5 (1)
放)Kiron 28-210mm (1)
放)Zenzanon 100mm/2.8 東京光学 (1)
Takmar 58mm/f2(初代PENTAX AP用) (1)
放)KL140mm/4.5Macro(MAMIYA RB67) (1)
放)COSINA 100mm/3.5 Macro (2)
放)SEKOR C 50mm/4.5(MAMIYA RB67) (1)
RB67用SEKOR100-200mZoom(MAMIYA) (3)
KL75mm/3.5(MAMIYA RB67用) (2)
放)HEXANON AR 50mm/1.7 (1)
放)SMC TAKUMAR 90mm/2.8LS (2)
放)T-22(Lubitel 166)LOMO (3)
放)C Planar80mm/2.8 T*(Hasselblad) (5)
放)C Planar80mm/2.8(6枚玉 Hasselblad) (1)
放)Arsat 80mm/2.8(KIEV 6Cソ連中判) (1)
放)Agnar 85mm/4.5(Agfa Isolette I) (1)
Hexanon48mm/2 Konica IIIA (2)
放)Nikkor 50mmO.C/2.8 旧ブロニカ用 (1)
放)Distagon 60mm/3.5 CF(HASSELBLAD 500CM) (3)
S-111-2 75mm/3.5(海鴎203-1) (1)
放)HEXANON 58mm/5.6 Konica Press,Koni-Ome (6)
放)HEXANON 90mm/3.5Konica Press,Koni-Ome (3)
放)HEXANON 180mm/4.5Konica Press,Koni-Ome (4)
放)Achromat 80mm/8(DACORA DIGNA) (1)
放)SMC TAKUMAR 75mm/4.5(PENTAX 6x7) (1)
Zenit 212K(MC HELIOS-44K-4 58m/2) (1)
放)Planar CB80mm/2.8(Hassel 500C/M) (2)
放)Triplet-22,Lubitel 166+(lomography) (3)
SEKOR5cm/2.8(MAMIYA35II) (1)
放)SMC TAKUMAR 55mm/3.5(PENTAX6x7) (1)
放)Color Sygmar 50mm/3.5(Windsor35東興写真) (1)
放)ぎょぎょっと20(対角魚眼3枚玉Nikonおもしろレンズ工房) (1)
放)SMC TAKMAR 135mm/4 Macro(PENTAX 6x7) (1)
魅惑の2焦点カメラ (1)
Takumar50mm/3.5(Asahi flex IA) (8)
放)YAHINON80㎜/3.5(YASHICA Mat 124G) (3)
放)Petri PF-ZOOM (1)
放)PENTAX ESPIO 928(28-90mm) (1)
放)INDUSTAR61L/Z(50mm/2.8) (1)
XR RIKENON 50mm/2 (1)
放)W.ROKKOR-QE35mm/4 (1)
放)PENTAX67用AF400Tブラケット (1)
COLOR LANTHAR42mm/2.8(Vitessa500L /Zeiss Ikon Voigtlander) (1)
放)長城PF-1(中華) (2)
FUJI CARDIA mini ELITE op (0)
放)COSINA CMSシャッターダイヤル電動で回す。 (2)
Kodak RETINA S1(Germany) (4)
PENTAXLENS 34mm/3.8(Pino J) (1)
FUJINON 40mm/2.8(FUJICA ST-F) (2)
放)CANON LENS 40mm/1.9(AF35ML) (1)
長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL (3)
放)VIVITAR TW35(フォーカルプレーンシャッタープラカメ) (2)
spinner 360° (3)
出棺・遺影・生前写真 御供養場 (4)
放)YASHICA LENS 38mm/2.8(YAHICA SNAP) (2)
その他ジャンク (3)
仕方なく携帯で (1)
放)HOLGA 120 TLR (1)
Solitar40mm/2.8青島-6(qingdao) (1)
浮気というより本気 (1)
HANIMEX35 FLASH reflex (3)
SONY PC1(バリオ・ゾナー)DV (1)
GOKO MacromaX FR-350 (2)
放)PENTAX ZOOM 70 (1)
放)MINOLTA AF-S初期型 (1)
G VARIO 14-140/f4-5.8 (4)
EOS100+430EZ (1)
Nikon F50+SIGMA28-80 D/3.5-5.6 MACRO非球面 (2)
AUTO BELLOWS RKKOR100mm/4 三枚玉(minolta) (3)
K/L 65m/f4(MAMIYA RB67) (1)
K/L150mm/3.5 L(MAMIYA RB67) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード