う~つれ~ばい~いじゃ~ん!フィルムを無駄遣いして延命させよう

ただただフィルムを消費し、フィルム延命を願う。放)は放出済み。障)は故障

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「本Lubitel」欲

fujino1s.jpg
偽物新生優等生にて、真性2眼レフになったLubitel、一応現行のLubitel 166+(Lomographyという団体が中国に委託して作っている)が意外と出来が良く、写りの感じも好みだったりして不安定で頼りない本Lubitel(本Lomo・・・レニングラード光学機械合同)93年製の真性Lubitel 166(こちらはBOXカメラと2眼レフの合いの子だ)の味忘れがたく。。。。

というか、きちんとなった新生ルビテルはある意味ルビテルではないのである。
本ルビテルのように真ん中でしかピントが合わせられなくて、しかもそれも頼りない感じ、
それでいてチャンと写真を撮る。
これがルビテルの醍醐味であった。

(ソ連製LUBITEL166と現行の中国製LUBITELの違いは
http://yotarouyokosuka.blog92.fc2.com/blog-entry-288.html
↑ここURLをクリックしてください。当方の過去の比較記事です)

新生のルビテル166+はさほどリスキーではない。

息子のおもちゃにと払下げた「本Lubitel 166」を取り上げ、息子の名前を消し、私が指導している団の合宿に持って行った。
保険なし。これ以外のカメラは持たないのである。

もちろん団としての記録責任は負っていない。Lubitelでそこまでの責任は負えないし、まさにそういう記録はデジカメ天国だ。

このカメラの名はLubitel(愛好家・・・アマチュア)という意味だそうである。
さらに、このカメラの前身はコムソモーレッツなどという共産党青年団の名を冠している。
コムソモーレッツはレンズもさらに暗く、ビューレンズは焦点調節機能がないので完全なBOXかめらである。
進んでLubitel(愛好家・アマチュア)においては少し優しく機能を充実させてレンズを明るくし、ビューレンズの焦点調節機能を持たせ、ファインダーの真ん中のみにスリガラス部を作り一応ピント調整ができるようになっている。ここら辺のことはLubitelなどが真似した本家ドイツのフォクトレンダーのブリラントとフォーカシングブリラント」の関係と一緒である。

Lubitelはチャンと初心者がカメラを向け、正しく撮れば正しく写るのだ。
正しくない写真とは・・・
これは共産党の意見ではなく私の全くの私見なのだが、スナップなどではなく、きちんと対象者を写す。
きちんと日のあるところで、建物や風景の中で写す。
記念写真のようなものだ。
カメラを持っていてこれができないと話が始まらない。これは基本中の基本である。

もしスナップや、室内でフラッシュもたかず撮りたければZorki(めざといの意)なのだ。

f値が小さい暗いレンズの付いているもの(Lubitelは4.5だからまだ暗いとは言えない)、たとえば開放f値が6.3とか8,11などのカメラでづらっ種のシンクロ接点を持たないカメラを使うと大変勉強になる。

写真はお日様の下で撮るものだ。
戸外で(家の前、旅行先の風景の前)、そこにきちんと立ってもらって写すものだ。
そんなことを学ぶ。

fujino2s.jpg
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/10(木) 23:45:58|
  2. 放)T-22(Lubitel 166)LOMO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

LubitelのT-22も頑張ったが俺も頑張った!!

t-tora1s.jpg
Lubitel 166U,T-22 75mm/4.5
絞り開放F4.5 1/15秒 TX使用

f4.5のレンズだからこの状況では1/15秒でもアンダーになる。
ボディーシャッターでもないこのカメラだから結構撮りにくい。
このカメラもレンズも頑張ったが、俺も頑張った。

室内でもまあ撮れる事もあるといったところだろうか。
こういうときはデジカメ使えっつ~~の!!
デジカメでなくても大口径レンズ付の35mmカメラがもちろん撮り易く画質も良いのはいうまでも無い。

テーマ:こども写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/06(水) 05:59:15|
  2. 放)T-22(Lubitel 166)LOMO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハッセルなど敵ではないぞ!勝るとも劣るもんか!!Lubitelソ連製

t22-3s.jpg
LOMO LUBITEL 166 UNIVERSAL(93年製)T-22 75mm/4.5 TX使用

結論から。家庭用記念写真製造器として大合格であり、家庭用記念写真製造器としてハッセルは敵ではない。
むしろ軽量であることで勝っている。

光線引きやその他トラブルの無いLubitelを使うのは初めてで、今回も相当な悲惨な結果を予想していただけに奇跡だと思った。

もちろん当機も凄まじいトラブルを抱えていた。
それはフィルムを入れると裏蓋がじきにパッカーンと開くこと。
これはカメラとして致命的だ。

数年前、蒲田のカメラ屋さんに\3Kで並んでいた。このカメラの3Kは高いか安いかはこの際論じない。
カメラ屋さんいわくヘリコイドを回してもピントが合わない(ピントが反映されないという意味)というのだ。
しめしめ、このカメラ屋さんはLubitelなどのフォーカシングブリリアント系のカメラの特性を知らずに店頭に不良品として出したのだなぁとほくそえんで購入。早速フィルムを詰め仕事終わりの夜に歩いていて数カット撮った時に信じられないことが。。。裏蓋がパッカーンと開いた。

実にカンタンで心もとない止め具だから、コリャ私の「閉めかた」というか止め方が甘かったのだろうと思い、ギューっと硬く絞めたが、しばらくするとパッカーンである。裏蓋側の止め具もグラグラしていたりして、ああ、完全なジャンクをつかんでしまったと嘆いた。
ヤフオクでジャンクとして安く売り払い被害を最小限に抑えようと思ったが、バタバタし、しかもなんか工夫で何とかならないかと思ったりして機を逃した。

ビニールテープなどで貼って止めるのもビニールテープなどを持ち歩かないといけなくて、フィルムを詰めるためにテープを廃棄、新たにテープを切って裏蓋とボディーを止めるのも煩雑だ。

ここのところいよいよこの手のカメラのジャンクもどうにもこうにも値段は付かなくなり、何とかならないかと見ていると、裏蓋側の円盤状の止め具がチープなためプラ製だと思い込んでいたが、アルミか何かの金属製であることに気が着いた。

軸はグラグラするものの、ペンチで曲げれば止まりそうだったので荒療治を施す。
以前より裏蓋はキッチリし待った状態を保っている。
さあ、数年ぶりの試写だ。
先週11日に仕事に向かう道すがら意気揚々と道端を撮影した。
しかし、パッカーーン!!

嗚呼、信じられない。 あとはどうしようか、、、安直な方法でないといけない。

そしてまた観察、裏ぶた側の止め具は三度笠状のダイヤルになっていて、側面にスリットが有り、本体のピンに入れて回すと裏蓋が閉まった状態で固定されるのだが、スリットが無い部分でも外れてしまう。
ちょっとぐらぐらしている。
本体のピンは板に付いており、本体にネジでとめてある。ためしに外してみると、やせたモルトが貼ってある。
なるほど、このピンの付いた板が低い状態になっていてロックが外れやすくなっていたのだな。
早速植毛紙を貼った。きちっと固定されるようになり、以後一日持ち歩いてもパッカーンは無くなったのである。

↑上のシャションの真ん中のみ。
t22-3cut.jpg
よく写っている。

t22-4s.jpg
↑この写真の真ん中
t22-4cut.jpg
葉の写り方は三枚玉の良さだなぁ。

P.S 後日談
とても調子が良くなったので色気を出して1/15やセルフタイマーを動くようにさせようとして、シャッター側面よりクレ556を注入。これは最もやってはいけないこととされている。
であるから、私も極々微量にしようと思ったのだがなかなか効果が出てこない。
で、ついつい多く注入してしまった。
動くようにはなったが、シャッター羽根にクレ556が回り、中玉にもちょっとシミが着いた。

シャッターの側面からセルフタイマーの歯車が見え、シャッターチャージレバーの中側が少し見えるため、ついついそこに注油してしまいたくなる。

ああ、せっかく調子が良くなったのになぁ。ましてや1/15やセルフタイマーなんて使わないのに。。。
  1. 2012/05/20(日) 04:13:17|
  2. 放)T-22(Lubitel 166)LOMO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

横須賀与太郎

Author:横須賀与太郎
別のHNをナンマイダー村井と申します。やはりフィルムカメラが好きです。
でじでもうんとお金かけるとフィルムより全然すごいですからお金持ちになったら宗旨替えするかも。
指揮者作曲家ピアノやヴァイオリン二胡教師。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フィルムカメラ撮影記録 (32)
放)Zeiss Ikon/Nokton 35/1.2 (4)
放)HEXAR RF (1)
放)BESSA-T (1)
ぼやき (7)
本日の仕入れ (7)
カメラ浮気履歴 (2)
放)BRONICA S2 (2)
放)Nikkor 135mm/3.5 旧Bronica (1)
放)MC Zenzanon 75mm/f2.8東京光学旧ブロニカ用 (5)
放)Nikkor P.C75mm/2.8(旧ブロニカ用) (2)
放)Nikkor H・C 75mm/2.8DX(旧ブロニカ用) (2)
放)MC Zenzanon 80mm/2.8 (Carl Zeiss Jena) (1)
放)Nikkor H 5cm/3.5(旧ブロニカ用) (2)
カメ欲について考える (7)
放)Zeiss Ikon(COSINA) (4)
放)Leica M4-P (0)
放)安原一式 (0)
放)MAMIYA PRESS (2)
放)Lumix G1/G VARIO 14-45mm (14)
放)HELIARClassic 50mm/f2(COSINA)/G1 (4)
放)Heliar 50mm/f3.5/LUMIX G1 (2)
放)NOKTON 35mm/1.2 (4)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2/G1 (7)
デジ (4)
放)JUPITER-3(50mm/1.5)/G1 (2)
1眼MFレンズ (1)
日本にライカは不要だった (1)
放)KONICA PRESS(6x7,HEXANON 58mm,180mm) (1)
放)M-HEXANON 90mmf2.8 (1)
放)Nikkor-N・C Auto 35mm/f1.4 (3)
放)Nikon F2 (3)
障捨)Nikon EM (2)
放)NIKKOR 55mm/1.2 (1)
放)ロシア、中国、東欧、赤色カメラ (1)
放)珠江 S-201 (1)
放)蛇腹スプリングカメラ (2)
古写真 (2)
SIGMA UC ZOOM 28-70mm/3.5-4.5 (4)
Canon EOS 100 QD (0)
プラカメ大好き (1)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2+HEXAR RF (2)
障)RICOH MIRAI (1)
Yashica-mat Lumaxar 80mm/3.5 (3)
放)Bolsey C22 (4)
LUMIX GH1(Panasonic) (0)
PENTAX ES (2)
障&捨)SR素子FinePix F700,710 (4)
放)SIGMA zoom-ε28-70/3.5-4.5 (1)
放)M-HEXANON 35mm/2 (1)
放)HEXANON 52mm/1.4 (2)
Panasonic Lumix GH1 (2)
放)CF Planar80mm/2.8(Hasselblad) (4)
放)国産Summar (2)
放)FED-4a (1)
Color Lanthar42mm/2.8 Voigtlander (1)
Triotar 40mm/3.5(Carl Zeiss)Rollei C35 (1)
放)SUPER ROKKOR 5cm/1.8 (2)
放)AUTO ROKKOR PF 58mm/1.4 (3)
放)Geronar 150mm/6.3(Rodenstock) (1)
Leica 0型(復刻) (4)
放)面白レンズ工房(Nikon) (1)
嫌中運動 (1)
OLYMPUS Camedia C2040Zoom (1)
LUMIX GH1 20mm/f1.7(Panasonic) (7)
SEKOR 150mm/4 SF(MAMIYA RB67) (2)
KL90mm/3.5 MAMIYA RB67 (1)
RB67 KL127mm/3.5 (1)
放)Kiron 28-210mm (1)
放)Zenzanon 100mm/2.8 東京光学 (1)
Takmar 58mm/f2(初代PENTAX AP用) (1)
放)KL140mm/4.5Macro(MAMIYA RB67) (1)
放)COSINA 100mm/3.5 Macro (2)
放)SEKOR C 50mm/4.5(MAMIYA RB67) (1)
RB67用SEKOR100-200mZoom(MAMIYA) (3)
KL75mm/3.5(MAMIYA RB67用) (2)
放)HEXANON AR 50mm/1.7 (1)
放)SMC TAKUMAR 90mm/2.8LS (2)
放)T-22(Lubitel 166)LOMO (3)
放)C Planar80mm/2.8 T*(Hasselblad) (5)
放)C Planar80mm/2.8(6枚玉 Hasselblad) (1)
放)Arsat 80mm/2.8(KIEV 6Cソ連中判) (1)
放)Agnar 85mm/4.5(Agfa Isolette I) (1)
Hexanon48mm/2 Konica IIIA (2)
放)Nikkor 50mmO.C/2.8 旧ブロニカ用 (1)
放)Distagon 60mm/3.5 CF(HASSELBLAD 500CM) (3)
S-111-2 75mm/3.5(海鴎203-1) (1)
放)HEXANON 58mm/5.6 Konica Press,Koni-Ome (6)
放)HEXANON 90mm/3.5Konica Press,Koni-Ome (3)
放)HEXANON 180mm/4.5Konica Press,Koni-Ome (4)
放)Achromat 80mm/8(DACORA DIGNA) (1)
放)SMC TAKUMAR 75mm/4.5(PENTAX 6x7) (1)
Zenit 212K(MC HELIOS-44K-4 58m/2) (1)
放)Planar CB80mm/2.8(Hassel 500C/M) (2)
放)Triplet-22,Lubitel 166+(lomography) (3)
SEKOR5cm/2.8(MAMIYA35II) (1)
放)SMC TAKUMAR 55mm/3.5(PENTAX6x7) (1)
放)Color Sygmar 50mm/3.5(Windsor35東興写真) (1)
放)ぎょぎょっと20(対角魚眼3枚玉Nikonおもしろレンズ工房) (1)
放)SMC TAKMAR 135mm/4 Macro(PENTAX 6x7) (1)
魅惑の2焦点カメラ (1)
Takumar50mm/3.5(Asahi flex IA) (8)
放)YAHINON80㎜/3.5(YASHICA Mat 124G) (3)
放)Petri PF-ZOOM (1)
放)PENTAX ESPIO 928(28-90mm) (1)
放)INDUSTAR61L/Z(50mm/2.8) (1)
XR RIKENON 50mm/2 (1)
放)W.ROKKOR-QE35mm/4 (1)
放)PENTAX67用AF400Tブラケット (1)
COLOR LANTHAR42mm/2.8(Vitessa500L /Zeiss Ikon Voigtlander) (1)
放)長城PF-1(中華) (2)
FUJI CARDIA mini ELITE op (0)
放)COSINA CMSシャッターダイヤル電動で回す。 (2)
Kodak RETINA S1(Germany) (4)
PENTAXLENS 34mm/3.8(Pino J) (1)
FUJINON 40mm/2.8(FUJICA ST-F) (2)
放)CANON LENS 40mm/1.9(AF35ML) (1)
長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL (3)
放)VIVITAR TW35(フォーカルプレーンシャッタープラカメ) (2)
spinner 360° (3)
出棺・遺影・生前写真 御供養場 (4)
放)YASHICA LENS 38mm/2.8(YAHICA SNAP) (2)
その他ジャンク (3)
仕方なく携帯で (1)
放)HOLGA 120 TLR (1)
Solitar40mm/2.8青島-6(qingdao) (1)
浮気というより本気 (1)
HANIMEX35 FLASH reflex (3)
SONY PC1(バリオ・ゾナー)DV (1)
GOKO MacromaX FR-350 (2)
放)PENTAX ZOOM 70 (1)
放)MINOLTA AF-S初期型 (1)
G VARIO 14-140/f4-5.8 (4)
EOS100+430EZ (1)
Nikon F50+SIGMA28-80 D/3.5-5.6 MACRO非球面 (2)
AUTO BELLOWS RKKOR100mm/4 三枚玉(minolta) (3)
K/L 65m/f4(MAMIYA RB67) (1)
K/L150mm/3.5 L(MAMIYA RB67) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。