う~つれ~ばい~いじゃ~ん!フィルムを無駄遣いして延命させよう

ただただフィルムを消費し、フィルム延命を願う。放)は放出済み。障)は故障

御入居(これには深いわけがある)

abr.jpg
ついに禁を犯してしまった。
写真機材に手を出さないという禁は破ってしまっていたが、
数百円、1500円、まぁ2~3000くらいまではと。。。とずるずると
ついに送料込みだと諭吉をチョット超えてしまった。
しかしこれには涙涙の40年越し深いコンプレックスがある。

 私が淀亀本店に通いだしたころ(1979年、小4でした)、コンパクトカメラ市場ではAFかゾーンフォーカス(AFは高かったからピッカリコニカや110が主力だったですねフラッシュフジカのゾーンフオーカスで、ズーム付きで目測なんてのもありました)
セレン露出計をレンズの周りに配したサークルアイのカメラはオリンパスPEN-EEとかリコーオートハーフ
オリンパストリップあたりが頑張っていた。
1眼はAE機、プログラムAE機が全盛であった。というか憧れだったというほうが正しいか。
未来的なキヤノンA-1など輝いていた。
さらに傑作なのがプロはAEを使ってもよいのか、、、なんて馬鹿げたことが論じられてもいたころだ。

 蔵亀本を小学生から読み込んでいた私は(クラシックカメラ専科2 当時4年生)
蛇腹のカメラがほしくてたまらなかった。
ましてやこの本の見開きの広告はマミヤで、C330,C220プロF、RB67プロSなど、
蛇腹のついたおいしそうなカメラが(当時の)現代においても満載であった。
輝かしい、神々を見ているようだった。

 新宿西口にまだカメラのドイやサクラヤがあったころ
このミノルタのコンパクトベローズを見た。
蛇腹で矢来が組んである。当然欲情したのは言うまでもない。

 3年ほど前になるだろうかこのコンパクトベローズを入手したのである。
中古で極めて安かった。3野口くらいだったろうか。
 しかしこれは往年の欲情を晴らすだけではなかった。

 当方3枚構成のレンズが好きという変な性癖を持っているが、
ミノルタのロッコールに存在することは知っていた。
 1986年、まだ三枚三枚なんて言わなかったころ(高2)、アルプス堂だったと思うが
プリセット絞りの135㎜/4をとても安いので買った。
しかし、うちにはMCロッコール135㎜/3.5があった。
このレンズには全く不足を感じていなかったが(とても良いレンズと思っていた)、
プリセット絞りのこのF値4のレンズには不満だった。
もちろん試写といって地下鉄なんかがホームに入ってくるシチュエーション、
そんな状況だから絞りは開放だわ、駅の蛍光灯のおかげで色は悪いわ、当時の400のカラーフィルムは使えないわ、
ロクに使わず、すぐに見切りをつけてしまった(後々プロビア100F で大変良い結果が出たので私は間違っていた訳だが、これはあくまでも3枚玉の特性を理解した使い方での上である)。
ローライコードに関してクラシックカメラ専科1巻2巻などで村井龍一氏が
ツァイスのTriotarの描画の美しさに言及され、Xenarに一本化されたのを残念がられていたことから、
カメラの売り買いが自由になる20頃、ちょうど平成に改元前後、ローライコードTriotar付きを買ってみた。
ああ、かみさま、もろ私の好み。
その後大正13年入荷のブルーノ・ザイトラー・ヴィンクラーの当時のドイツグラモフォン盤にであい、
ニコンFを蓄音機に、ローライレフ2.8Cプラナー80㎜付きがそのレコードに化けた。
おかげで音楽学校に通いながらも、その時点で初めて音楽に開眼したのである。
であるから当然カメラは1台もなくなった。
ミレニアム後、ふとローライ35BTriotar付を買ってみる。
何が何でも戦前のTriotarの味はないだろう、、、と思ったのだが
有ったのである!!!
かくして私はほかにも三枚玉はないかどうか探すようになり、
コンパクトぷらカメなどにも優良なものがあることを知った。

ある日、m42に改造されていたロッコール100㎜/4プリセット絞りの出物があった。
早速調べた。あるサイトで100㎜のベローズ用は3枚玉と書いてあった。
おかしいなぁこれは固定鏡胴なのに。。。
しかし135/4とそっくりだったのでこれはちょっと無理して買った。
しかしである。。。絞りに油が散々回り込んでいて絞りが変形してしまった。
その後二本、ミノルタマウントの改造していないものを安く買ったが皆同じ。
いつかは修理に出さなきゃと思って、、、そのままになっていた。

考えたら矢来が組んであるコンパクトベローズはベローズロッコールのためもあって買ったのではなかったろうか。

 SRT-101やペンタSPは中高の頃にもうすでに時代遅れということで随分ふんだんにあり、
レンズも安く買えたこともあるし、随分使った。
 SRT-101は家にあったカメラでもあった。
だから私はMCロッコールとヤシカマット124Gのヤシノンで育てられたようなもんだ。

結局カメラをリストラするときに、とっておこうと思ったのはこの世代の布幕でTTL連動程度のものが結局自分には合っていると痛感した。だからフジヤカメラのジャンクコーナーじゃないほうで諭吉割れした黒ボディーを迷わず買ったのである。

かくして三位一体そろった。

蛇腹コンプレックスはカメラ道楽で消え、まぁどうでもよくなったんだけれど、フォーカシングが意外とやりやすい。
ねじを少し占めて、ゆるゆるでない状態にすると、ほんのちょっと指を動かすだけでフォーカシングができる。
一番ベローズを縮めて無限が出る。

 このオートベローズロッコールの後に、マクロレズとしての100㎜が出るようでそれは固定鏡胴でマクロレンズだ。
わたしのは、オートベローズとしか書いてなくってマクロの表記はない(だから買ったんだけど)。
ベローズ用でないプリセット絞りの100/4が意外とシャープで、そのまま逝けそうだから、ベローズ用にしたのではないかと勘ぐってしまう。

お名前は忘れてしまったが、音楽家の写真を専門としているカメラマンの方が、ニッコールの105㎜/4を随分愛用されたとのこと。
このレンズはレンジファインダーの時代に、105/2.5ゾナータイプで高価だったために、廉価版として作られた3枚玉のレンズである。
ニコンFなどには似つかわしくないくらい細い。このレンズをの特性を生かして積極的に使われたとのこと。

だからこのロッコールも少し期待してしまう。

追記:私が持っているのはコンパクトベローズなので自動絞りはきかない。
しかし、オートベローズを使うのも大仰であるし、また3枚玉も焦点移動が多いというから、
実絞りでフォーカシングできたほうが良いだろう。何しろベローズレンズを普通に使えるコンパクトベローズは偉大だ。
(100㎜も135㎜も普通に使う分にはのちに出たもののほうが格段に良い。これは3枚玉好きの与太話である)
スポンサーサイト
  1. 2017/02/22(水) 13:44:21|
  2. AUTO BELLOWS RKKOR(minolta)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御入居

f50.jpg
Nikon F50とシグマ28-80マクロ アスフェリカルがご入居あそばした。
飛び込みのごにゅきょである。
いただきものである。
詳細に申さば、シグマのダブルズームキット、F50 ,ニコンのバックである。
もう一方の100-300㎜レンズは酷いカビでゴミ箱行きであるが、28-80mmは大変きれいであるし、
カメラもグリップ部のゴムが白くなっていたので、ラバースプレーで少々復活させてやって綺麗になり、
QDの液晶の端が少し液漏れしているだけで、ファインーダ系、外観、
キレイそのものである。
この前の世代のUCzoom28~70を愛用している者にとって、少々興味のあるレンズだ。

さて、何の性癖かわからないけれど、家の前でちゃんと家族で撮るとか、
家族で並んで撮る、という場合、どういうわけかフィルムカメラでなければ気が済まない。
別に、中判で撮るなんて大げさな話ではない。

ガキも幼稚園の期間が残り少ななった。
大好きだった幼稚園バスで帰ってきたところを撮り、
家の前で立たせて撮った。
ぽけ~っと口を開けているので注意したら少し凛々しい顔になった。
撮った。
目をつぶっていた。残念である。
またもう少しこの場合はズームを準広角域にして背景ももう少し入れるべきであった。
顔の事に気を取られズームアップしすぎたのだ。
そして、あれこれ注意して、我慢が出来なくて目をつぶってしまったのだ。

これ、ごくごく普通にあった、達人じゃないパンピー、しかも少し古い価値観を持った人間の
ごくありふれた現象であった。

これもプリントからスキャンしたが、デジタルプリントになった今、みんなきれいにうつる。
また微妙状況下に光線をフィルムとレンズを選んでも、デリケートさは全くでない。

コントラストの高い状況だったので日中シンクロ(カメラ内蔵の小さなもの)を使った。
もちろんよく写っている。
コントラストの高いレンズで非球面レンズを使用した当レンズは、フィルムカメラ時代、
デジタルスキャン以前のプリントの時代には、明確に写って重宝されたかもしれない。
現在検索をかけても悪い評判はない。
むしろ改造して広角側でもマクロを使えるようにする(80㎜側でしか25㎝ 1/2倍までできず、他の焦点距離では50センチ)
改造記事がほとんどである。

前群が開店するので円筒フードであるが、これのII型は前群が回転せず花形フードの楊だ。
工学系が一緒かどうかは不明。まぁフォーカシングが違うのだから光学系は違うのではないかと想像しますが。
II型のほうはバリオゾナーにもなったらしい。。。
ああ、あの時代かぁ。90年代中葉。
sigma28-80.jpg
  1. 2017/02/21(火) 12:03:31|
  2. Nikon F50+SIGMA28-80/3.5~5.6macro ASPHERICAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

EOSじゃなかった。EO2?EQ2???

eo2.jpg
このカメラの出棺写真がないだろうとあきらめていたが、SDカードの消えてしまった画像のなかからジャンク取りまとめの中の写真に入っていた。
もちろん、このカメラ、普通に動けばよかったが、絞りもシャッターもいかれていたのでどうにもならず手放したと思う。
形もよく似ているし、ロゴもうまくごまかしている。
ハッセルブラッドなどより私は珍重する。
このカメラは実に惜しかった。
  1. 2017/02/14(火) 20:56:14|
  2. 出棺・遺影・生前写真 御供養場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バウンズのTTL調光を初めてやってみた

img016s.jpg
CANON EOS 100QD SIGMA UC ZOOM 28/3.5~70/4.5 フジ業務用カラーフィルム100 430EZ使用

何をいまさら・・・25年も経っているのだけど初めてTTL調光というものをやってみた。
今まで外光式で良しとしていたし、最近はデジカメで古いフラッシュで使うことが多かったから、
バウンズや外光式オートでも様子を見て撮り直し。。。で良しとしていた。

あ、フィルム時代だったからなおさら失敗しないためにTTL調光などが必要だったんだろう。
ローライフレックスの2眼レフのリバイバル版やハッセルブラッドの機械式レンズシャッターのものでも
露出はAEになっていないのにTTL調光だけは内蔵していた。

逆光だったが外の光も拾いつつ、バウンズによる「フラッシュをたきました!!」という感じもなく。
なるほどと思った。

プリントからスキャンしたからあまり快調やディティールが出ていないように思うけれど。

430EZも、ISO400モノクロフィルムが高価になったから、ISO 100大作戦の一環である。
室内でも今までフラッシュはたいたことがなかったが、これからは自然にとれるフラッシュとカメラが、
必要になってくる。
  1. 2017/02/13(月) 04:03:38|
  2. EOS100+430EZ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出棺・遺影・生前写真・御供養場 III(これはちと珍しい)

これも10年位前に手放しました。
このコーナーは現在出品中のものは含まれておりません。
放出してからしばらくたったものへの感謝のコーナーです。
SYX2-1.jpg
STX2-2.jpg
  1. 2017/02/09(木) 01:55:55|
  2. 出棺・遺影・生前写真 御供養場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Author:横須賀与太郎
別のHNをナンマイダー村井と申します。やはりフィルムカメラが好きです。
でじでもうんとお金かけるとフィルムより全然すごいですからお金持ちになったら宗旨替えするかも。
指揮者作曲家ピアノやヴァイオリン二胡教師。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フィルムカメラ撮影記録 (32)
放)Zeiss Ikon/Nokton 35/1.2 (4)
放)HEXAR RF (1)
放)BESSA-T (1)
ぼやき (7)
本日の仕入れ (7)
カメラ浮気履歴 (2)
放)BRONICA S2 (2)
放)Nikkor 135mm/3.5 旧Bronica (1)
放)MC Zenzanon 75mm/f2.8東京光学旧ブロニカ用 (5)
放)Nikkor P.C75mm/2.8(旧ブロニカ用) (2)
放)Nikkor H・C 75mm/2.8DX(旧ブロニカ用) (2)
放)MC Zenzanon 80mm/2.8 (Carl Zeiss Jena) (1)
放)Nikkor H 5cm/3.5(旧ブロニカ用) (2)
カメ欲について考える (5)
放)Zeiss Ikon(COSINA) (4)
放)Leica M4-P (0)
放)安原一式 (0)
放)MAMIYA PRESS (2)
放)Lumix G1/G VARIO 14-45mm (14)
放)HELIARClassic 50mm/f2(COSINA)/G1 (4)
放)Heliar 50mm/f3.5/LUMIX G1 (2)
放)NOKTON 35mm/1.2 (4)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2/G1 (7)
デジ (4)
放)JUPITER-3(50mm/1.5)/G1 (2)
1眼MFレンズ (1)
日本にライカは不要だった (1)
放)KONICA PRESS(6x7,HEXANON 58mm,180mm) (1)
放)M-HEXANON 90mmf2.8 (1)
Nikkor-N・C Auto 35mm/f1.4 (3)
Nikon F2 (3)
障)Nikon EM (2)
NIKKOR 55mm/1.2 (1)
ロシア、中国、東欧、赤色カメラ (1)
放)珠江 S-201 (1)
蛇腹スプリングカメラ (2)
古写真 (2)
SIGMA UC ZOOM 28-70mm/3.5-4.5 (4)
Canon EOS 100 QD (0)
プラカメ大好き (1)
放)M-HEXANON 50mm/f1.2+HEXAR RF (2)
障)RICOH MIRAI (1)
Yashica-mat Lumaxar 80mm/3.5 (3)
放)Bolsey C22 (4)
LUMIX GH1(Panasonic) (0)
PENTAX ES (2)
障&捨)SR素子FinePix F700,710 (4)
放)SIGMA zoom-ε28-70/3.5-4.5 (1)
放)M-HEXANON 35mm/2 (1)
放)HEXANON 52mm/1.4 (2)
Panasonic Lumix GH1 (2)
放)CF Planar80mm/2.8(Hasselblad) (4)
放)国産Summar (2)
放)FED-4a (1)
Color Lanthar42mm/2.8 Voigtlander (1)
Triotar 40mm/3.5(Carl Zeiss)Rollei C35 (1)
放)SUPER ROKKOR 5cm/1.8 (2)
放)AUTO ROKKOR PF 58mm/1.4 (3)
放)Geronar 150mm/6.3(Rodenstock) (1)
Leica 0型(復刻) (4)
面白レンズ工房(Nikon) (1)
嫌中運動 (1)
OLYMPUS Camedia C2040Zoom (1)
LUMIX GH1 20mm/f1.7(Panasonic) (3)
SEKOR 150mm/4 SF(MAMIYA RB67) (2)
KL90mm/3.5 MAMIYA RB67 (1)
RB67 KL127mm/3.5 (1)
放)Kiron 28-210mm (1)
放)Zenzanon 100mm/2.8 東京光学 (1)
Takmar 58mm/f2(初代PENTAX AP用) (1)
放)KL140mm/4.5Macro(MAMIYA RB67) (1)
放)COSINA 100mm/3.5 Macro (2)
放)SEKOR C 50mm/4.5(MAMIYA RB67) (1)
放)RB67用SEKOR100-200mZoom(MAMIYA) (2)
KL75mm/3.5(MAMIYA RB67用) (2)
HEXANON AR 50mm/1.7 (1)
放)SMC TAKUMAR 90mm/2.8LS (2)
T-22(Lubitel 166)LOMO (3)
放)C Planar80mm/2.8 T*(Hasselblad) (5)
放)C Planar80mm/2.8(6枚玉 Hasselblad) (1)
放)Arsat 80mm/2.8(KIEV 6Cソ連中判) (1)
Agnar 85mm/4.5(Agfa Isolette I) (1)
Hexanon48mm/2 Konica IIIA (2)
放)Nikkor 50mmO.C/2.8 旧ブロニカ用 (1)
放)Distagon 60mm/3.5 CF(HASSELBLAD 500CM) (3)
S-111-2 75mm/3.5(海鴎203-1) (1)
放)HEXANON 58mm/5.6 Konica Press,Koni-Ome (6)
放)HEXANON 90mm/3.5Konica Press,Koni-Ome (3)
放)HEXANON 180mm/4.5Konica Press,Koni-Ome (4)
Achromat 80mm/8(DACORA DIGNA) (1)
放)SMC TAKUMAR 75mm/4.5(PENTAX 6x7) (1)
Zenit 212K(MC HELIOS-44K-4 58m/2) (1)
放)Planar CB80mm/2.8(Hassel 500C/M) (2)
放)Triplet-22,Lubitel 166+(lomography) (3)
SEKOR5cm/2.8(MAMIYA35II) (1)
放)SMC TAKUMAR 55mm/3.5(PENTAX6x7) (1)
放9」Color Sygmar 50mm/3.5(Windsor35東興写真) (1)
ぎょぎょっと20(対角魚眼3枚玉Nikonおもしろレンズ工房) (1)
放)SMC TAKMAR 135mm/4 Macro(PENTAX 6x7) (1)
魅惑の2焦点カメラ (1)
Takumar50mm/3.5(Asahi flex IA) (8)
YASHICA Mat 124G (2)
放)Petri PF-ZOOM (1)
PENTAX ESPIO 928(28-90mm) (1)
放)INDUSTAR61L/Z(50mm/2.8) (1)
XR RIKENON 50mm/2 (1)
放)W.ROKKOR-QE35mm/4 (1)
放)PENTAX67用AF400Tブラケット (1)
COLOR LANTHAR42mm/2.8(Vitessa500L /Zeiss Ikon Voigtlander) (1)
長城PF-1(中華) (2)
FUJI CARDIA mini ELITE op (0)
放)COSINA CMSシャッターダイヤル電動で回す。 (2)
Kodak RETINA S1(Germany) (4)
PENTAXLENS 34mm/3.8(Pino J) (1)
FUJINON 40mm/2.8(FUJICA ST-F) (2)
放)CANON LENS 40mm/1.9(AF35ML) (1)
長城90mm/3.5(長城DF-4)GREAT WALL (3)
放)VIVITAR TW35(フォーカルプレーンシャッタープラカメ) (2)
spinner 360° (3)
出棺・遺影・生前写真 御供養場 (4)
YASHICA LENS 38mm/2.8(YAHICA SNAP) (2)
その他ジャンク (3)
仕方なく携帯で (1)
HOLGA 120 TLR (1)
Solitar40mm/2.8青島-6(qingdao) (1)
浮気というより本気 (1)
HANIMEX35 FLASH reflex (3)
SONY PC1(バリオ・ゾナー)DV (1)
GOKO MacromaX FR-350 (2)
PENTAX ZOOM 70 (1)
MINOLTA AF-S初期型 (1)
G VARIO 14-140/f4-5.8 (2)
EOS100+430EZ (1)
Nikon F50+SIGMA28-80/3.5~5.6macro ASPHERICAL (1)
AUTO BELLOWS RKKOR(minolta) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード